2018年03月17日

孫の守りやあれこれと・・・

今日は雨が止んだものの、太陽が入らない家の中は寒くて、暖房なしではいられません。

午前中孫を預かっていたのでこれということはできなくて、、
息子が連れてきて、孫をおいてすぐに玄関を出ると、パパではなくて
「ママ・・ママ」
べそかいて。困ったなと思ったけれど上にあげると、私しか頼るものがないので??
くっついてきて泣いてました。
テレビを見ても固くなったまんま、好きなものも手にしないで、小声でも
「ママ、ママ・・」
やっぱりママ以上に勝てるものはない?(わーい(嬉しい顔)

保育園では慣れて元気らしいけれど、一週間に一度の我が家にはまだ慣れないかも・・
昼過ぎに玄関が空いてママがが帰宅、やれ元気が出ました。
やっぱり母がいいのですねるんるん

孫が帰ってから、調べ物を大方暗くなるまで。
目が疲れてぼーっとしてきたので、夕飯の支度して、気分転換に入浴もし、又これからも予算書をチェックします。
付箋がなくなってきたので、明日買いに出てじゃがいもの種も買いましょう。

じゃがいもを半分に切って、切り口に灰をつけておきます。
お彼岸までに植えればいいんですから・・。空き時間利用しています。
6月の梅雨前に起すまでかかります。

玉ねぎは11月に植えて同じくらいまでおくので半年かかります。
やっと、大きくなってしゃんとしてきました。

DSC_0462.JPG

posted by fusako at 21:34| 日記

あってはならないことが。

もうほんまにドナイなってるんでしょう??
眉間にしわが寄ることが増してきて溝が深くなりつつ・・人相悪ぅーって言われそう。

自死による内部通報とも言えることが起きましたが、、、

財務省に続き、文科省もこんなことを・・・。
教育委員会への行政の介入は国の根幹かることです。誰の指示で?
行政がゆがめられてきたのはなんででしょう。

名古屋市立の中学校で2月、文部科学省前事務次官の前川喜平氏が授業の一環で講演したことをめぐり、文科省が市教委に対し、前川氏を呼んだ経緯や講演の内容を問い合わせ、、、、

しかし教育委員会・学校側は、何ら怯まず毅然と回答され、記者会見でもきちんと答え、生徒へのその後の指導もされています。
今回のことで、学校側が、講演の録音データの文科省提出を拒否したことは、当然であり高く評価できると思います。
教育委員会と当該学校の毅然とした姿勢に学び、どこも決して委縮することのないようにしてほしいと思います。

●5月6日(日) 午後1時20分開場 栗東文化芸術会館さきら大ホール

タイトル:滋賀・憲法のつどい(第14回)
演題:憲法と教育を語る
講師:前・文部科学省事務次官 前川喜平さん
posted by fusako at 08:40| 日記