2018年03月22日

今日も時間刻みで・・・

午前中29年度の補正予算審査に臨みました。

午後は全員協議会と会派会議、夜は個人活動に・・・

明日は事務整理で閉会まで委員会はなく一日空きますが、私の中での整理時間でもあります。

私の「議会ほうこく」の準備に今後は時間を使います。

まだ議会の録画が出ていないので、自分の質問の確認ができません。

録画が上がれば、聞きながら全文の入力をして、宇野ふさ子ネットに掲載しています。
大変そうで今では大した負担ではなく、自分の質問を検証し、次に活かせる源にもなっています。

月曜日は閉会日となりますが、私の活動日程はずっと続きます。




posted by fusako at 18:40| 議員活動のこと

ご案内  ぜひご参加ください!!!

国際シンポジウム 選挙を変えれば暮らしが変わる

♪モノトーン議会からオーケストラ議会へ♫

時:2018年4月20日(金)  18時30分〜20時45分

所:東京ボランティア・市民活動センター
  (飯田橋西口すぐ。セントラルプラザ10F)https://www.tvac.or.jp/tvac/access.html

日本の一強多弱「モノトーン政治」は小選挙区制のせい?

世界には、民意の反映しやすい比例代表制選挙で、多種多様な議員を選んでいる国が多くあります。福祉・平等の北欧諸国は比例代表制、37歳の女性首相を誕生させたニュージーランドは比例代表制で議席が決まる選挙です。比例代表制では、女性やマイノリティの当選率が高く、育休候補が選挙運動をしなくても当選でき、当選後も代理議員制があるため休みを取りやすい…など優しいシステムがいっぱい。そんな国々の事情を駐日大使館員がお話します。通訳つき。参加費500円/ 学生300円

■ノルウェー「世界で最も幸せな国の選挙制度」

    講師:トム・クナップスクーグ(ノルウェー王国大使館参事官)

■ニュージーランド「比例代表併用制導入で変わったニュージーランドの政治」

    講師:テサ・バースティーグ(ニュージーランド大使館一等書記官)

■韓国「クオータ制とその実態を選挙制度から見て」

    講師:キム・デ・イル(大韓民国大使館参事官兼領事)

お問い合わせ 全国フェミニスト議員連盟世話人 090−8595−6421(三井)
          選挙改革フォーラム事務局 080−5862−3570(草野)

posted by fusako at 13:21| 議員活動のこと

補正審査

9時半から、補正予算審査に臨みます。

今日のこの委員会後は閉会日に向けた事務整理、調整があり

月曜日26日は閉会日です。
閉会日には各委員会から報告
当初予算審査報告の場があります。

この報告を受けて、議員の採決の姿勢を示す場になります。

請願書・意見書も出ています。

閉会後は、特別委員会開催や常任委員会の所管事務調査等の開催は引き続き行います。
どこも傍聴が可能ですから
議会のHPをご覧いただきお越しくださいませ。
posted by fusako at 09:00| 議会のこと