2018年07月21日

暑い 多すぎる蝉

DSC_0748.JPG 蝉が庭のアジサイの花に、

DSC_0749.JPG その前の茗荷の葉に抜け殻が、 

DSC_0741.JPG
あちこちに抜け殻を見ることができます。
まだ我が家ではこんな景色があってほっと。
でも蝉の声がとてもやかましい。

IMG_8540.JPG
左が柿 右がタラの芽
※ 山菜料理の「てんぷら」に出るタラの芽が大きくなると、こんなに枝が伸びて葉が広がります。
  冬には葉が落ちて、また春に芽が出てきますが、とりすぎると木が滅びます。

柿の木やタラの芽の木に入り込んで、蝉がじゃんじゃん泣いていると、竹でつつくのは出来んので、ホースを上向けて水をまき散らしてちょっと悪さを・・・
すると集団で、木から飛び散っていくけどまた戻って、皆がなくとジャーンジャーンと騒音に聞こえる。

後どれほどこの暑さが続くのでしょう。
昼間は街に人は少なくて、アスファルトはとってもアツアツで、照り返しが半端ではない。

夕方の水やりをして、濡れると気持ちいい。

今夜は風があって窓開けてカーテンが揺れるほど心地いい。時折こんな時間があればほっと息を継ぐことができるが。。。。

殺人的な暑さに気を付けましょう
posted by fusako at 22:28| 日記

赤い紫蘇のふりかけ  紫(ゆかり)

DSC_0728.JPG

梅雨明けの頃から干した梅は、もう容器に保存しています。
その後しばらくシソは干して、からからに。。。

DSC_0742.JPG


DSC_0740.JPG

乾ききらないところは、蓋をしないで冷蔵庫に入れておくと、パリパリに乾きます。
すり鉢で潰して網で越して粉にし、紫(ゆかり)に、、、、塩分少なめのふりかけです。

ほぼ毎年漬ける梅です。梅酒もいい具合になっていますが、まだ飲むには熟してません。
今は昨年のを飲んでます。
娘宅へは、ペットボトルで送りますが、着いたらすぐに容器を変えるように言ってます。
posted by fusako at 09:17| 日記