2018年10月05日

喉の調子が悪い時の飴(薬)

昨日のNews23で、喉の調子が悪い様子のメイ首相が財務大臣からのど飴をもらって、口に含み話し始める映像と比較しながら熊本議会で、のどが痛い議員ののど飴(薬)使用を紹介しています。

イギリス議会と熊本議会の映像とを比べて決定的に違う点は、熊本議会では、のどが痛いという議員の体調を気づかう人はいなかったようですね。
困っている人への思いやりの有無は???。
単に、日本とイギリスの文化の違いと言って片づけられるでしょうか??

住民の健康、生命を守るための議会のはずですが、その後も8時間もかけて、熊本議会では議員の懲罰を決定したそうです。
神聖な議場…とおしゃる方が、汚い言葉のヤジは神聖なのでしょうか??

発言前に先に水の用意をするとか議長へ言えばよかったのでは、でもルールはルールだといわれてしまうのでしょうか

人に手をさしのべないなど今の日本社会の思いやりの低さ、○ッサン社会とも共通するのではないかと思います。とこんな言葉が私のメーリングでは飛び交っています。


posted by fusako at 12:27| 議会のこと

副作用で眠気が

人様の体調管理は身近な方では話の端々から分かります。

その方の様子を見て大方の人と異なる言動に批判することは避けたいと思います。

私は昨年ヘルペスに罹り、その後肌に残る違和感等々で、かかりつけ医の紹介で、麻酔科で診察をまだ今も受けて処方してもらっています。
その薬の副作用が眠気です。
薬には勝てないことがあります。夜寝る前は多く飲んでるので、朝までぐっすり!!
病気で眠気が来る「。。。症候群」の人もいます。
人にはそれぞれいろんなものを抱えて生活しています。

IMG_8898.JPG
昨日の人権セミナーでは、自分の生き方、自分を大切に、人と違ってていいんだよ、自分でいいんやよ

特に「性の在り方」についてお聞きしました。
生物学的な性・性自認・性表現・性的志向には、一人一人の感じ方表現の仕方でいいことを、子どもに伝えることが社会を変える早道だと思いました。
固定的な意識はもうなかなか変わりにくいです。そのことで国際的には通じない人権問題が最近見る中にも事例がたくさんありますから・・・

posted by fusako at 12:00| 日記

市議会の決定を取り消す裁決

IMG_8897.JPG
失職の滋賀・野洲市議、県が処分取り消し

初め聞いた時から気になっていました。世間さまの話は、事実確認しないままですから信じがたいことがあります。
昨日記者会見されるところをニュースで知りました。
今後の対応をされるようですが、これからの議会の中での動きは想定されますが・・・
健康にお気をつけてくださいませ。

過去には徳島では何度も同じ女性議員がほぼ同じようなことがあり、「生活本拠が藍住町にないと判断」した町議会が敗訴して、5回当選をされてきています。
地裁、高裁と勝訴が続き、昨年6月20日、最高裁が「藍住町からの本件上告を棄却する」と決定しています。

その時々の内容は詳細には異なるでしょうけれど、真実は一つですから・・

日々の生活でも、人様の話題はやめたいものです。
誹謗中傷に潰されないように聞いて信じがたいことは自分で確認しています。

posted by fusako at 09:25| 議員活動のこと