2018年10月07日

クォーターとクオータ制

クォーター(英語:quarter)は、4分の1を意味します。

女性の議員を増やそうと、多くの方々が長きにわたって取り組まれていますが、なかなか立候補者が立てないバイアがあります。
ここで出てきたのが「クオータ(Quota)制」です。

ところが「クォーター」の言葉が議員の4分の一に女性を増やすと、間違った解釈をされているようです。
「クオータ制」とは、政治において議員候補者の一定数を、女性と定める制度のことです。
大学人でもクオータQuotaとクオーターQuarterを混乱しておられるようで、議員に理解者が少ないのもやむをえないかも・・・・。


安倍政権では、2020年までに国会議員や民間企業の管理職の女性の割合を、30%以上にする目標を掲げています。
2020年まで、もうあまり時間がありません。

やっと5月に「政治分野の男女共同参画推進法」が施行されました。
国会や地方議会の選挙で男女の候補者の数が「できる限り均等」となることを目指す理念法です。

議員や会社役員に、一定数の女性を確保したい際に、あらかじめ割り当てを行います。
クオータ制の発祥地で知られるノルウェーでは、法制化によって一般企業にもクオータ制を導入し、女性の社会進出が大きく進んだことで知られています。

政治分野の男女共同参画推進法が施行されたのですから、国が違い文化が違うということでは、もう片付けられないと思っています。

政治は男性が行うものという固定的な意識から有権者の意識を変えることで、スローでも女性が増えることを期待するものです・・・・。。。

posted by fusako at 22:22| 日記

夕焼け小焼け

IMG_8848.JPG

これまで、消防サイレンの動作試験のため、毎月17日の午前9時に吹鳴訓練を実施していましたが、2015年1月を最後に定期吹鳴訓練を終了しました。
 
消防サイレンは、消防無線がデジタル化され使用できなくなることから、現在は市内一円に設置している屋外スピーカーからサイレン吹鳴できるようになっています。

屋外スピーカーは毎週日曜日の夕方に童謡(夕焼け小焼け)るんるんを流すことで、動作試験を行っております。

この童謡るんるんが流れることで帰宅する目安にして外で遊ぶ子らがいます。
ところが中には、スピーカーが耳に障るちっ(怒った顔)とおっしゃる方もまれに聞きます。
屋外スピーカーの動作試験にご協力ご理解いただきますようお願いいたします。

消防サイレンについては消防信号の種類および消防サイレンの吹鳴方法については、消防法施行規則で定められています。
主な消防サイレン吹鳴方法の種類についてはここをクリックしてご覧ください
posted by fusako at 17:13| 日記

教育勅語のアレンジとは

11年前の議場で私は発言していました。

社会的なリーダー格の方々の研修内容の大切さを。
また、懐かしい言葉ですが、心の根底にある「ジェンダー」の感覚です。
今社会の状況を憂う??
「現代風にアレンジした形で、今の道徳などに使えるという意味で普遍性を持っている部分がある」

教育勅語の話、これに代わるものがいるということは身近なことからも伺えます。
リーダー格の人の価値観でしょうけれど、公にかかわる大御所?でも、良識や人道的な指針で進めるべきなのに、このような発言をされるのですから・・・

子どもに全体主義を強要しないこと、また、利己主義ではない個人(プライバシー)を守ることの意義をきちんと教えるべきと思っています。
posted by fusako at 09:38| 日記

費用対効果で図れない

DSC_0953.JPG

ノーベル医学生理学賞に選ばれ本庶佑京都大特別教授(76)が受賞されました。

弁護士になるか医学の道へ??進路を考えられたと聞きます。
友人の取材もありお人柄がうかがえます。長い道のりの研究成果が、将来多くの人々への貢献につながることの方を選ばれました。
弁護士は解決した人の周りに喜んでもらうのでは、医学の研究よりも狭いと考えられたようで、ご家族など医者が多く環境的にも医学の道は意外なものではなかったようです。

今は学テでも結果を公表し競争し、教師の力量にも反映する報酬云々も出ている自治体があります。
費用対効果は学び研究する分野では特にあわないと思っています。
基礎学力が重要で、教育の根源をなすものは何なのか????

また、他には平和賞では性暴力の根絶へ尽力された医師デニ・ムクウェゲさん(63)が受賞。

「女性の体が戦場になっている」。コンゴ(旧ザイール)で性暴力被害者の治療を続け受賞が決まった医師デニ・ムクウェゲさん(63)は二年前、来日して訴えられています。

身の毛がよだつほどのことが戦時下で起きていることです。
もう一人の受賞者ナディア・ムラドさん(25)は、過激派組織「イスラム国」(IS)に性奴隷として捕らわれていた。ISが目の敵にしたイラクの少数派ヤジド教徒。兄弟らは殺された。脱出してドイツに逃れ、国連親善大使となり、ISの非道を訴えている。授賞理由は「沈黙を強いる慣習を拒否し、被害者代表として語った」と勇気をたたえた。

過去には慰安婦問題で問題発言をした男性がおられ、社会がいや世界が驚愕しました。

小さなお子さんから、若者はじめみんなが将来に夢をもって自分を生き抜いてもらいたいです。
posted by fusako at 09:04| 日記