2019年01月26日

成人式の装い

DSC_1117.JPG

成人式典の様子が放映されています。
大方実行委員会で運営されていますが、晴れ着には振袖や、羽織袴また個性的な装いで晴れやかです。

室内では和服のショールは洋装のファッショナブルなものではなく外すのがマナーと思います。
誰も助言せずに着つけから会場へ来られたのでしょうか。
寒い会場ならまだしも、そうではないように思います。

式典のご挨拶の時でも、モールや毛のショールに首をすくめて何とも私には変だなと思う光景です。
日ごろ着ない人には和服は身頃は暖かいですが、袖口や胸元、首筋は寒く感じるでしょう。

貸衣装もあれば大金で購入される方もありましょう。何度着られる着物でしょう。振袖は独身しか着ませんので、、、、
かといって短く切れる模様柄にはできていませんから、、、。
大切に代々、和服をつないでもらいたいですね。
posted by fusako at 17:15| 日記

基本の話が通じない 難題 

IMG_9575.JPG

夜中にきつい風が吹いていたら雪が舞っています。
一日こんな日のようです。

お寺の初お講(しる)にお参りして、次の予定があるので皆さんとお昼をいただかないで帰宅して、一口だけ食べてすぐに次のところへ走りました。

まあ―疲れること。。
向こうさんから指定しメールしてきた約束時間に来ない、電話するとこれから家を出るという。
寒いのに外で待つこと15分余・・ちっ(怒った顔)
今だけのことではない、待たせるなんて、考えられないことです。

話しが始まってこちらの質問の答えではない外れたことを並べられては話が進みません.
当事者さんはこの答えが外れておかしいと気が付いておられないので、時間を食うばっかりです。
今日までのことでも電話で話したことは否定されると、録音していないので突っぱねられないし・・・うーん困った、いらいら・・

らちが明かないので、話を終わりました。時間をもらって何とか手立てを考えます。
皆さんもいろんなお困りごとはあるでしょうね。
基本としては話が通じていない、答えが外れる、言ったことは前と異なる、自分のペースで進めてしまい自分の都合だけで・・・まず困ります。

何とか解決へ・・・・
posted by fusako at 16:28| 日記

女性の政治参画  本気で擁立できないのでは机上の論?

DSC_1115.JPG

昨年5月に7年越しにやっと「政治分野の男女共同参画推進法」が成立!!

私もその過程の集会には東京へ行きました。何度もこのブログに掲載していました。

京都新聞・東京新聞によると

地方議会のうち20%近くが女性議員のいない「女性ゼロ議会」になっている。地方議員全体でみると女性はわずか12・9%。二〇一七年末時点の内閣府男女共同参画局の集計で分かった。女性議員を増やし多様な声を政治の場に届けようと、一八年には「政治分野の男女共同参画推進法」が成立した。各党は今年四月の統一地方選で女性候補の増加に意欲を示すが、擁立は進んでいない。


推進法は政党に男女均等の候補者擁立を促す内容。自民党は「党の女性議員がいない県議会の解消へ努力する」(幹部)と訴えている。立憲民主党は女性候補者の割合40%以上、国民民主党は30%以上を掲げた。
 ただ統一選の道府県議選立候補予想者のうち、女性の割合は昨年末時点で10・7%。一五年の統一選とほぼ同じだ。自民は男性の現職が多く、立民などの野党側は「性別ではなく勝てる候補者の擁立」が優先課題。女性の政治参加を促す養成講座などもあるが、男女の不均等状態が改善されるかは見通せていない。

本気で女性を擁立できるところはどこなの!!

この法の周知と人材育成が自治体にも責務としてあります。議員を育てることに自治体が違和感を持つ?
自治体は女性が社会参画ができ、意思決定の場に出る人を育てるのだから、正党議員を育てるのと訳が違うと思っています。

まずは審議会等へ送り出すことに活動する団体もありますから。。。

3月にはこの法の周知と女性を擁立したい・または自分が立候補したい人等々の集会(勉強会)を企画しています。
後日ご案内いたしますのでご参加いただき9月の議会改選時には、どの団体も地域からも市民派もドッと女性が出てほしい!!!現職を女性に交代することができるでしょうか・・

今男性議員が草津市は多いのですが、女性がたまたま学区に重なっていません。

誰も女性に出るなとは言ってない、出るなら学区が重ならないように出てもらいたいとおっしゃる一部(男性)のご意見には同意できません。
今男性が重なり合っています。学区代表ではない議員を選ぶのに、なぜ女性は調整することがあるんでしょうか理解できません。これが現状ですから・・・
posted by fusako at 09:59| 日記

選挙は・・・

IMG_9569.JPG

正月気分はすでにすんで、目白押しの活動のご案内等々土日は詰まりっぱなし!!

しかも選挙の野党共闘云々を見聞きする時、市民の意見を入れた政党等の調整をと、おっしゃる方がいらっしゃいますが、なんとできるでしょうか。
ボトムUP、主権在民のありようが問われながら、どこかでどれか合うところがなければ、到底多くの方の合意は困難でしょう。

今国会でもまた国民民主と小沢さんが組むとか・・・
立憲は社民と組む?   
果たして有権者にはこの動きがなんでか分かる、理解を得られるでしょうか???
日本の統計の信頼性を揺るがす不正調査問題がある折、ウンザリ感、国民は白けていないでしょうか??

政党や訴えられる内容を見て投票します。
しかし候補者と直に接してきた人には、その人柄等々がよくわかりますが、多くの人には見えていません。
きちんと見てほしいけど分からない見えない…もどかしく思うことがたくさんあります。

選挙の顔と本当はどうなん??
選挙独特の空気があるようで・・・。
水物?であって、魔物がいるみたい、正直にやっていることが結果に出ないこともあるのでは・・・
何が起きるか、一晩で狂うこともあるし・・・
posted by fusako at 00:15| 日記