2019年01月29日

報道ステーションで元気な女性が

本日の院内集会について、今夜の報道ステーションで放映されました。
昨年5月16日、参院本会議で「政治分野における男女共同参画推進法案」が成立し政党や団体、自治体も責務があります。
今年の選挙には政党や団体、地域からも変わって女性を出してもらいたいです。

赤松良子さんは次のようにおっしゃっています。
「候補者男女均等法は罰則規定がないので、各政党が本気で実行するかどうかを有権者がチェックする必要があります。どの政党が女性議員をどれだけ増やしたか、女性の候補者や幹部をどれだけ増やしたかをしっかり監視して、やる気のない政党には選挙で『ノー』を突きつけることが何より大事です。
私たちは大切な参政権を持っているのですから。目を大きく見開いて見る必要がある」


東京まで行きたかったのですが、明後日から常任委員会で関東へ視察があり、向こうで待ってるわけにはいかず・・・

画面には知る方々の顔が見られました。
すでに出馬を表明する女性らの声も、またいつもの教授陣や活動いただく方々が・・・

女性議員ゼロ垂水市議会の議長の弁にはがっくり!!

関東は勉強の機会も多いし、近隣の方々はうらやましいですが、すぐにメーリングでお知らせ等々報告があるので把握は出来ています。

草津でも女性が出やすくするには??3月中頃から勉強会の予定をしています。後日ご案内しますので、出たい方出そうと思う方、女性が少なくて問題意識を持つ方々等々の熱い方の集まりであってほしいです。

posted by fusako at 23:39| 議員活動のこと

ご意見をいただきました

DSC_1115.JPG
仏さんのお下がりの花は直ぐ捨てないでしばらく外の水盤で・・・

28日に掲載した「本当の優しさって」をご覧いただいて波紋を呼んでいます。
草津市の「男女共同参画基本条例」では多様な家族の尊重が組み込まれています。
私も勉強をする周りの方と相談し、発行責任者へ電話をしました。

市民の方からメールをいただきました。この「本当の優しさって」を読まれた方のご意見では

家族形態が多様な中、両親がそろうご家庭ばかりではなく、この内容では心いたく思う方がいらっしゃるはず、何とか後の対応をきちんとされたい・・

回収はできないものの、謝罪はできると思います。
今回の問題点を説明し、謝罪されることが、よいと思います。
それは、自らの自浄作用として、自らの失態を反面教師として、配布対象者に知らせることこそ、人権啓発につながるものでしょう。

次から配慮されるよう期待します。というより、ご本人がしっかり勉強してほしい。
昔のように、管理職などの基本知識学習が必要。

など、他にも厳しいものもありましたが控えます。

この感覚が敏感であるように、身に備わることこそ人権を大事にすることにつながりますから。

posted by fusako at 17:23| 日記

毎日休まず食べにきまーす

IMG_9597.JPG IMG_9599.JPG

毎日花を食べにくる大きな鳥のつがい
死活問題でしょうけれど、せっかくの花がなくならないかともうやだ〜(悲しい顔)

梅の花がすんでから、この中にある柿の剪定も頼んでますが、裏の背の高い甘柿も大きな熟し用の柿も低くして樋に葉が入らないようにしてもらいます。

沖縄で桜が咲いたとか・・・
春よ来い!!!

posted by fusako at 13:31| 日記

草津の大きな夢風車  解体

2017年8月に2014年4月から停止している風力発電施設「くさつ夢風車」(滋賀県草津市下物町)の今後の在り方について考える市環境審議会(会長・小林圭介県立大名誉教授)は22日、第2回会議を市役所で開き、赤字などを理由に「撤去すべき」と結論づけました。

同審議会は2017年9月に答申を橋川渉市長に提出し、市はパブリックコメント(意見公募)を経て年内に最終方針を決めていました。

会議では市環境課が示していた「撤去」「再稼働」「利活用」の3案を振り返り、委員15人が意見を述べた。大多数が「さらなる赤字を増やしてはいけない」など撤去を望んだ。環境教育への効果を評価する声もあり、答申案に「夢風車が果たした役割を諸施策に引き継ぎ、一層の温暖化防止対策を展開されたい」との文言を盛り込むことを確認しました。 

2018年9月議会補正予算を組まれました。

2018年で耐用年数を迎えたため、市が撤去に踏み切り、解体工事は2月下旬まで続きます。支柱は高さ約3メートルを残し、4月末にモニュメントとして生まれ変わります。

京都新聞に掲載されました。
posted by fusako at 09:44| 日記

親戚付き合いを止める

DSC_1128.JPG

節分の時期が一番寒い
電気毛布にスウィッチを入れて暖かくしてから、寝る前に切って寝るのが常で気持ちよく寝て起きられます。
今朝がた珍しく4時に目が覚めて、トイレに・・・。
新聞の入る音を聞いてまた寝て・・。

最近聞くことがあります。今朝の朝ドラでも見える親戚付き合いの範囲のことです。

配偶者がなくなるとその親戚とは縁を切る方が増えています。
わざわざ切らなくてもそれなりに、お付き合いができる方もあります。
配偶者の親がいる方は「介護はごめんなさい」という方が実子でなく、まして同居でもないときは理解できます。実子が長男の嫁なのにという方もまれにはありますが・・・。
配偶者の兄弟とのおつきあいは、そうそう頻繁ではないと思うのですが、それでも、すっきりと縁切りの書面を交わす方もあるそうです。

今迄の付き合いの過程から負担になる方もいらっしゃるでしょう。
もうかかわりたくないと思っておられるならお互いの中で解決されるのがいいのではないでしょうか。
親戚も代替わりしてくると、自然に疎遠になるのが大方のケースではないかと思うのですが。
書面を交わすまでには至らないのが過去からの例でしたが・・・・

posted by fusako at 09:31| 日記