2019年03月26日

認知症になっても

DSC_1238.JPG


「少子高齢化」の言葉は折に触れ沢山聞いています。

住み慣れた街で最期まで安心して暮らせる・・云々は最期まで身内がそばにいてくれる方は比較的可能かもしれません。その不可能を可能にするには行政の取り組みが重要です。
子どもの住む近くへ越して来られ「呼び寄せ老人」と呼ばれる方も草津市にはたくさんいらっしゃいます。

認知症になる要因は、アルツハイマー型と脳血管性のよるものがあると言われています。
 幼少期の脳機能教育
 血圧の安定化 
 肥満予防 
 低血糖 
 適度な運動をするなど、小さい頃からの予防策があります。

生活支援体制整備事業の推進では 
 社協に生活支援コーディネーターを配置 その情報を配るのはまち協です
 町内会単位の活動を広げ、地域なりの見守り活動を深めよう
 閉じこもり  声かけやすいよう 
 カフェ 居場所  老人クラブへ出かけよう

地域包括支援センターの利用もありますが、町内会や、老人クラブの未加入者へは、まち協は町内会を通じて配布をするので、全戸配布ができていないところがあります。
これではますますお出かけは無理です。 
 
市における協議会では、コーディネーター配置は1層(市域全体)と2層(小学校区)に設定した範囲で見守られています。

認知症の症状は、異常になれば笑われるようになって、病気なのにお笑いのネタにもなっています。
「徘徊」の文言は、認知症の方には目的があって歩いているのですから 「独り歩き」なのです。
徘徊はその人の想いを表していない文言であり条例には「徘徊」の文言を使用するのはどうかと提案しています。

今議会では今取り組む施策を具現化するにあたり、条例を作成する議案が可決しました。本人の視点を取り入れ、認知症の方々の人権を尊重した条例を策定していただきたい思いで、一般質問では次のように質問し回答を得ました。


「認知症があっても安心なまちづくり条例」の重点内容について

市長の施政方針で
「あんしんいきいきプラン」第7期計画に基づき、地域包括ケアシステムの進化と推進を図る取り組みを進める。
「認知症があっても安心なまちづくり」を進めるにあたり、市民や事業所、地域及び行政が一体となった地域づくりを進めると述べられましたが、この条例の目的は、具体的にどのようなことを示しているのでしょうか。
今ある施策に加え特に盛り込む内容はあるのかその重点はどこに置いているのか。
条例策定にあたり「認知症施策推進会議」を設置されるが委員の人選はどうするのか、またその進め方は限られた開催回数にこだわらず、協議してもらいたい。
先進地視察はどこを指すのか、どのようなことが先進的な施策なのか伺います。

答え
国のオレンジプランを踏まえ、これまでの施策を拡げ、市民・事業者・地域及び行政の連携で関係者の責務を示す。
この条例の具現化には認知症施策推進会議を設け、開催回数は決めないで検討する。
委員の人選は学識者,医療、福祉関係者、地域、公募からで20名程予定し、愛知県や大阪府、神戸の先進地を学び活かしたい。

条例がきちんと現場で活かせているかを、確認していきたいと思っています。


posted by fusako at 10:10| 議会のこと

2019年03月25日

選挙応援

IMG_0222.JPG

議会がすむと議員さんらは県議選の応援に出られると思います。

私はどの政党にも所属していない全くの無所属ですから応援には動きません。
選挙は本当に嫌なもんですね。

ある有権者さんは
「一回でも顔を見せに来い言うねん!顔見たら絶対違うねん。」

これとは逆に私にはこんなことを言ってくださる方もありました。
「うちらの知ってるとこまで来るのは時間がもったいないから、拡大のために、よそに動く方いいから、、、、」

議員になって「市民のために頑張ってください」とお願いされる方と、「票を入れてやるから挨拶に来なさい。」・・・という方と二通りいらっしゃいますから、議員は日ごろからお付き合いしてご意見をいただいて親しくと・・・耳が痛いですが、なかなか広くは行き届きかねます。

近く県議選の告示ですが、皆さん体調にお気をつけてください。
posted by fusako at 22:55| 議員活動のこと

個人情報

IMG_0159.JPG


受験の合格発表で、人生の一つのステップを踏まれました。

新聞やチラシには、予備校や塾の偏差値が高い学校へ合格した方の氏名と出身校、合格の学校名と顔写真が出ています。
偏差値が高い学校には受験勉強が大変な人もあれば、普通に勉強してとくに頑張ってなくとも入れた方もあると思います。

こちらからおめでとうを言う前に、嬉しいことですから「●●を合格しました・・・」
とおっしゃる方も中にはおられますが、片やそうではない方もいらっしゃるので、そのようなことは、みんなの話題になることはあまりありません。

学校別に我が子らも、勝手に週刊誌や、チラシに名前を使われましたが、こんなことをするんですね。

個人情報がどこでも流れます。先日、私が
「店じまいの、あこの店で買ってきたわ・・。」それだけ言ったらそばの方
「あそこの息子さんが・・・・・」と色々言い始められたので、いやだなぁ―と思って、勇気出して
「その話は個人情報ですやんか、ここで言います??あんまりぃー・・・・・」と話題を変えてもらうようにしました。
事実と曲がることもあるかもしれませんし、言われてる方も、耳に入ればいい感じではないと思います。

選挙には私のことは勿論、又、家族もの虚像が街を走ったので、初めての選挙には本当に疲れ果て、薬を処方してもらったことがありました。

個人のことで話題が上がるのは、テレビでもタレントさんのプライシーで盛り上がりますが、電波がもったいないパンチと思いますが。

個人の尊重はどのようなことか、日々突き当るにつけ考えたいといつも思います。


posted by fusako at 14:57| 日記

議会 閉会の日

2月議会の閉会の日です。

会派会議から始まります。

10時から再開、各委員会の審査結果の報告から採決・・・

意見書2本の採決

終了後午後は土地開発公社理事者会議に臨みます。

夕方からの予定もあり終日です。
posted by fusako at 08:39| 議会のこと

2019年03月24日

農協さんの人権コラム  LGBTの対応 

農協さんのJAのまど「人権コラム」12ページに、「弟の夫」と題して同性婚について書かれています。

農協さんのこのコーナーを特に毎回読ませてもらっていますが、担当者さんのセンス(感受性)を感じています。

また、昨日の京都新聞には「子どもの性的少数者 先生たち理解して」
高知の出張授業が掲載されていました。

小さい頃からの大人の姿を見て育つ子どもらには、大人の人権尊重意識が伝わります。

今回の一般質問でも同性愛や、性自認に違和感がある方への対応で質問に立ちました。
まだ、録画が出ておりませんが、しばらくお待ちくださいませ。

私の議会報告は今作成中です。
posted by fusako at 18:07| 議員活動のこと

明日閉会 その後も

IMG_0194.JPG
まだ、よその畑に大きな大根が・・・


屋敷内の畑を見ると気にかかることがいーっぱい。

明日議会が閉会し、比較的隙間の時間を活用できそうなので、草取りから始め、、、、、、
豆の蔓が伸びて、広がってるので括らねば・・

雨が降れば番が狂って進まないけど、どうせ「ながら仕事」で、収穫が出来たら善しとする程度で、がつがつしないで行こう(笑)

家の中も掃除機をしばらくかけてないし(笑)書類の整理もして周りをきちんとすることで、頭の整理もできそう。

勉強に出る度に紙が増えてきて、分類わけが下手なので後で探すのが困ってます。
何かで検索すれば出てきそうなものは処分して、「とっておき」だけを残します。

閉会後も私の活動体制は変わりません。

職員さんらの異動内示がそろそろ・・・
覚えたころに変わられると名前が出てこない???
posted by fusako at 10:54| 議員活動のこと

少子化  保育の無償化

IMG_0165.JPG

新聞を読みながらNHK日曜討論を見、パソコンにも触れながら朝のスタートです。

折込には県議会の報告と議員のチラシもあります。
近く県議選が始まります。

「どうする少子化」  保育料の無償化

払わないで保育が受けられる!!
無料保育は簡単な問題でもなく、社会の在り方を並行して考えなければならないと思います。

親の働き方によって子育てが異なり、その社会構造が子どもの発達に影響することなど、総合的に考え支えられる基盤が十分でない今では、どこが担っていけるのか。

未来を担う子らの生育をきちんと考えるべきと思います。



posted by fusako at 09:57| 日記

2019年03月23日

土筆のおひたしや佃煮

IMG_0198.JPG 近所の畑に見た土筆


今日車で走っていて、信号で止まった時に、田道を見ると沢山の土筆が見えました。
離れていてこんなにたくさん見られるのは珍しいです。

土筆の袴をとって、佃煮にしたりおひたしにしたりします。
頭がちょっとほろ苦いですが、春の味です。

長男が5年生の時に積んできて、佃煮にして担任に持っていきました。
先生が「こんなことしてくれる子は横道へ行かへん子や」と、おっしゃったことを思いだします。

今外遊びする子はあまり見ませんが、息子の時もすでに野遊びする子は少なかったです。
塾通いはしていませんでしたし、暗くなるまで外遊びをして、時には遅くまで帰らなくて、ご近所さんに探してもらったこともありました。

その時は頭に蜘蛛の巣がいーっぱいで、本人はにこにこ楽しそうに・・皆さんにご協力いただき、ありがとうございました、すみませんでした。

posted by fusako at 23:38| 日記

政治家と人権意識

DSC_1232.JPG

私は、議員に当選させていただく迄は長年ジェンダーを再生産しないために勉強し、市の懇話会や委員会等イベント等々、女性問題、他にも人権にかかることでは活動していました。
学区の当時の「婦人部」の役割も、補助作業ばかりで、会議には同じテーブルに女性が乗っていませんでしたので、女性部と改名するところから、検討をしながら活動していました。

その間、男性から脅されもし電話もかかり関係者・機関へ相談したことがありました。
夫はそこで私には、活動をやめろとは言わず、
「情けないこっちゃな!これで止めたら今までしてきたことがそこで止まるんやぞ、、、」と言いました。

そんなこんないっぱい抱えていましたが、議員に就任してから、市民の人権を尊重することが優しい街づくりの基本だと思っていました。

初めての当選後に先輩議員(今現職におられません)から、廊下で言われたことが今でも忘れられません。
「人権で仕事がなにできるんや、、、でけへんやろにぃー。人生踏んでその年で来たんやさかいに、マー見せてもらおーうか」

今つくづく思いますが、多様な社会の中で一番に個人が尊重されねばなりません。
特にまだまだ周知されないで苦しむ方々のことを、敏感な感性で受け止めて対応することが、求められています。

その中の一つLGBTの方々がやっとオープンな形で動き始めました。

2月議会でも質問しましたが、まだまだ市の制度は追いついておりません。LGBTの方々への優遇施策ではなく、皆と同じ公平な施策へと生活にかかる人権だと思っています。

更に皆の研修が必要になっています。
posted by fusako at 22:32| 議員活動のこと

ざわついてきた県議選

IMG_0197.JPG

朝の一連の家事等々の合間に、電話が来てまた新聞見ていると時間が早く経ってしまいます。

また寒の戻りのようですが、畑の様子を見ると仕事が溜まってます。

県議会議員選挙にかかる動きが、報道や周りのざわつきから見え隠れ・・・。

同窓会名簿から来る選挙活動って・・・
その個人情報を使うことはどうなの??

何をしても、どんな手を使っても、票につなぐ、誰の伝手でこうなってくるのでしょうか。
本当に候補者の人柄が分かるかどうか、その人の資質まではとても分からないのが難儀な点です。

私も皆さまにはどのように映って、評価をしてくださっているか?近い方とは話せていますけれど、、、、
一緒に活動する人が、ご支持くださると私のことをご理解くださっていますが・・・。

選挙の時だけ顔が見える方は、十分にその方が分からないと思います。、
広報に書かれたものを頼りとして、また国の動きから見て政党を選んだりされるでしょうか。

きちんと生活現場を見て動く方を選ぶことが大事と思っています。
女性の視点で」とおしゃる方もいらっしゃるのですが、女性が皆同じ視点ではないのですから、疑問です。

選挙時には離脱して無所属で選挙して、当選したら動く方もあります。
政党員でも政党の推薦をもらわないで無所属を掲げる方もいらっしゃるように思いますが、、、、

地方の自治体では、政党や会派が必要かどうかと疑問に思っています。
私はどの政党にも属していない全くの無所属で、応援は控えてます。
posted by fusako at 10:56| 議員活動のこと

2019年03月22日

性別記入を廃止

DSC_1235.JPG

なぜ女性を不合格として落としたのか??
不正をしてきた東京医科大へ不合格となった女性が提訴したというニュースが出ました。

高校の入学願書や受検票の性別欄をなくすと発表したところが、近年には複数あります。
「選考に必要ない情報と判断した」とあります。

このように良識ある対応をされていたなら東京医大もこんなことにはならなかったでしょうに。

今ではパートナーシップ制度を実施する自治体もあります。
不必要な性別記入は求めないのが優しい対応といえます。
ところがカミングアウトして言わなければ要望がかなえられないのでは、対応が遅いと思われます。

平成16年7月に「性同一性障害者の性別の取り扱いの特例に関する法律」が施行され戸籍の性別変更に道が開けましたが、実際はと言えば理解が得られる社会生活は苦難の道です。

厚労省から平成24年9月24日付の事務連絡で、下記の様に国の見解が示された後、自治体では対応をするところもあり、草津市でも直ぐに答えられるように取り組む必要があります。

「被保険者から被保険者証の表面に戸籍上の性別を記載して欲しくない旨の申し出があり、やむを得ない理由があると保険者が判断した場合は、裏面を含む被保険者証全体として,戸籍上の性別が保険医療機関等で容易に確認できるように配慮すれば、保険者の判断に寄って、被保険者証における性別の表記方法を工夫しても差し支えない。」
ということです。

今回の一般質問ではLGBT対応について質問しました。
性指向も性自認もそれぞれの多様な性を尊重することが大事なことです。

思春期には「異性に目覚める」ということを、「性に目覚める」というような敏感さが求められています。
異性ばかりを好きになるのではありませんから・・・

多様な家族や多様な性・・等々多様な形を認め合える社会つくりには、意識の醸成が重要です。
これからの研修と周知については具現化することが求められ、また課題です。



posted by fusako at 22:38| 日記

中古でも回復が

DSC_1230.JPG
紫陽花の芽

75歳の半年前に自動車教習所で認知機能検査と実地講習を受けて修了書をもらいました。
11月に受けたこの証明をもって更新手続きに、先日警察へ行きました。

その時の視力検査では、もう近視のメガネが不要になりました。

でも、紫外線よけと薄いカラーが入って目を擁護していますので、メガネをかける方が楽ですから使います。
合格ラインは両眼で2.6でしょうか、それでも今一ぱっとしません。

ドライアイで、よく真っ赤になることがあり、毎月視力検査をして薬をもらいます。
今日の視力検査では、裸眼で片方でも0.8まで見えましたので、よくなりました。

老眼は掛けていますので、とったり掛けたり面倒です。
加齢になると、たいしたことではなくともあちこち治療しながら行かねばなりません。

よく笑わせるのですが、だいぶ使ってきた中古ですから・・・・・って(笑)

posted by fusako at 18:01| 日記

新聞の投稿欄から   「主人」「家内」・・・「くん付け あいまいな大人社会」

IMG_0166.JPG

多年齢の方々のご意見に関心があり私はよく新聞の投稿欄を読みます。
昨日の京都新聞の投稿欄に
「くん付け あいまいな大人社会」  40歳代男性
「違和感ある「主人」「家内」    80歳代男性

の見出しがありました。
こんな風に気付いていただく男性に共感を得ました。
「主人」「家内」の言い方に違和感を男性側から感じてくださる時代にやっと来たのかと、。
「主人」「家内」は封建時代の家族制度の呼び方であり、家事育児を女性の役目として決めつけしかもその仕事の評価は低くて、女性蔑視につながっていたと思います。これが介護や掃除、育児の賃金が上がらないことにつながっていました。

「主」があれば、「従」があります。主人・旦那に従い、仕える??
女性が社会参画すれば男性と同じく外に出ます、「家内」ではおかしい・・・

このようなジェンダーを学問として学び始めた頃は、なんという偉そうな女子軍団?位の視線を感じていました。
働く女性が多くなり、今では保育士さんが不足で賃金や、働ける環境に住居の支援も考えられるようになってきました。
同一労働同一賃金が言われています。忙しく働く女性には「両立」の言葉が使われますが、男性に対して「両立」はあまり使われないように思います。「ワークライフバランス」と言っても現状では働き具合はどうでしょうか?

今でも女性が外に出るようになったから子どもが荒れてきた、おかしくなってきた、女性は子育てをしてから出ていくのがいい。。日本の持ついい家庭崩壊につながる。
このようにおっしゃる方が少なくありません。しかもお若い男子側にも妻には家にいて、家事育児をしていて欲しいとおっしゃる方もあります。

夫婦で話し合い、選択して子育てはその家の指針でしていただければいいと思います。

また、「くん付け あいまいな大人社会」のテーマの投稿には、上下関係や年齢、性差による敬語の使い方等々、外国人にとっては特に分かりにくいですと・・。
誰もが皆「さん付け」がいいとおしゃるのに賛成です。

学校ではやっと最近ではみな男女問わないで「さん付け」で呼ばれます。

国会でもみな「くん」でしたが、過日の委員会で野田聖子さんは、質問議員を「さん付け」で呼ばれていました。
女性にも国会は過去は「くん付け」でした。

これは、どなたに対しても「さん付け」がいいと思います。

まして、女性に親しくというのか、またかわいいというのでしょうか職場でも「ちゃん」で呼ぶ方もいらっしゃいます。
呼ばれた方はなんともないかもしれませんが・・・


posted by fusako at 10:10| 日記

2019年03月21日

嘉田由紀子さんの傘下におりません。

IMG_0201.JPG てっぺんにカラスが

統一地方選挙がいよいよ、今回県議選です。

私は元知事の嘉田由紀子さんの傘下から離れて6年になります。

嘉田さんが小沢さんの方へ向かれた時にいろんな経緯があって、どこにも属さないことを政治信条としていますことから、私の道を選んで「対話の会」を退会しています。
その時県内では市議8名が退会しました。

当時「対話の会」が主宰する「対話塾」がありながら、嘉田さんが「未来塾」を立ち上げられました。その時は対話の会の幹事等々には、声がかからず関わっていません。

私はまだ嘉田さんと関りがあるように思っていただく方があります。
「対話の会」を離れたことは過去から何度も書いてきています。

私の毎回のオレンジ色の紙で発行する議会報告でも書いています。
なので、どこの政党にも応援には出ていませんので、自分の選挙にはどこの政党の支持も推薦もいただきません。
地域政党も既成政党にも属さず、まったくの無所属です。
選挙時に無所属でも実は・・て方はいらっしゃいます。

地方議会には政党や会派はどうなのかと思っているところですから・・・
私は組織にいないので、バックはなく縛りはなく自分の活動で自分の勉強の仕方で、説明できるものをもって発言し対応しています。

選挙時には、ご挨拶や激励には伺いますが車に乗ったり選挙活動は控えています。
出馬される方はじめ周りの方々は、健康にお気をつけて頑張ってくださいませ。
posted by fusako at 21:01| 議員活動のこと

フィギア―スケート

テレビのチャンネルと合わすと、フィギア―スケートの中継で丁度羽生選手が演技する時でした。

怪我もありいろんなことを乗り越えて、メンタルの強い選手です。

これから仕事しようと思っていたのですが、、、
気になって、この後宇野昌磨選手が出るし、まだお風呂も入れていないし・・・
羽生選手の後を追うことから、争い挑む形になっています。

今日にすべて焦点を合わせて、すごいな!!!
解説を聞くと、少しまずいところも細かくわかるけれど、私らの目にはうまくできてると思うけど・・
終わったところで宇野選手の顔に笑顔が出ました。したたり落ちる汗のいい顔、、、

お風呂が沸いたと声がするけれど、、一寸競技を見ましょうと。

速報で「イチロウ」選手が一線を退く・・・
そうなんだぁー!

posted by fusako at 20:35| 日記

卒園式

法人の幼稚園の卒園式に歩いて伺いました。

生まれて間もないころから小学校入学前迄いろんな思い出がいっぱいでしょうね。
30人が矢倉をはじめ複数の学校へ入学します。

卒園児の4年生が学校の楽しいことなど、心配ないからとお祝いのご挨拶に来られました。

IMG_0184.JPG IMG_0188.JPG
男児と女児の胸の花の色分けが気になります。


IMG_0182.JPG IMG_0180.JPG
先生の胸の花までも性差で違います。

IMG_0192.JPG IMG_0191.JPG

元気に大きな声で歌う子と、泣きながら歌う子、もらい泣きでウルウル
先生もご家族の方も、ハンカチを目に感動!

元気に小学校へ行って楽しんでください。

来賓の声かけが、
「頑張って!!」が多いのですが、しんどくならないように
私は「元気に・・・」と声をかけました。

ひどく降らないでよかったです。
歩いていたので、つくしんぼうをみ―つけたぁー

IMG_0198.JPG
posted by fusako at 15:12| 議員活動のこと

卒園式から学童まで

IMG_0157.JPG

春の気配があちこちに見えます。

紫陽花の芽が枯葉を割って伸びてきて・・・わーい(嬉しい顔)るんるん
枯れ葉が柔らかくても、突き抜けるとは・・・強いなァー

雨でも今朝は暖かく感じます。
草津保育園の卒園式に臨席させていただくのですが、小中とここが一番ウルウルして・・・

生まれて間もないころから学校行くまでの間のご家族の送迎から、大きくなる道中を考えると感無量です。

式は済んでも31日まで、まだ保育園で過ごします。

東京の孫も3月いっぱい保育園で1日から入学式前も学童へ行きます。
働く夫婦には放課後保育がなくてはなりません、助かります。

posted by fusako at 08:20| 議員活動のこと

2019年03月20日

ご案内 (男女格差の解消)

【タイトル】男女格差の解消を目指して Part6

2018年の男女格差指数(GGGI)日本は110位!依然3桁
格差解消への具体的取り組みを模索しよう!

【日 時】 2019年3月30日(土)13:30〜16:00

【会 場】 婦選会館 2F会議室 渋谷区代々木2-21-11

私たちBPWは、WEFのデータを基に「政治・経済・教育・健康」4分野の専門家を交え、格差解消のための具体的取り組みを考えるイベントを開催しており、今年で6年目になります。
しかし、110位と依然深刻な状況の今、男女格差解消のため日本の課題を読み解き、SDGsの実現に向け、具体的な取り組みを共に考え、行動しませんか!

詳細は添付のチラシを参照ください

2019年3月30日GGGIチラシ会場2F会議室(WAWロゴ入り) (1).pdf
posted by fusako at 18:31| 議員活動のこと

政務活動費  同伴者の旅費を巡り、

IMG_0152.JPG

熊本市議会で、議会に子どもを膝にのせて着席して時間が遅れました。

緒方市議は「子育て中の女性も活躍できる市議会であってほしかった」と説明した。

市議会は事前に通告なくルール違反を強行したとして問題視する一方、子育て世代の議員のための環境整備について議論を進めている

このような報道が2017年11月にされ、全国的な課題となりました。


その後、緒方議員の活動には子を連れて出張しました。
身の回りの世話を担当した同伴者の旅費を巡り、政務活動費の対象とすべきかどうかで議会事務局と市議の間で見解が平行線をたどっていることが、報道されています。

政務活動費には、草津市議会にもこの種(同伴者についての規定)の基準はありません。

実際には自己負担で同伴者の旅費を賄ったと説明されましたが「本来は政活費(市費)で賄われるべきものだ。子育て世代が政治に参加しやすい環境づくりのため、政治資金収支報告書に支出を記載した」と問題提起する。と緒方議員のコメントです。

議会の出張に子どもつれの旅費の負担は、子育て世代が政治に参加しやすい環境づくりのために・・・
かなり意見が飛び交うと思います。

大事な問題提起ですが、ここまで公費を使うことがいかがかと、またそうしなければ公務(議員活動)ができないなら、公費負担すべきという意見もあるでしょう。

子育て以外の介護中の議員も全国では大勢いらっしゃいます。

公平公正から市の公金を使うには、十分に議論する必要があります。
政務活動費基準の改正はさて??

緒方議員は政治資金収支報告には記載したとありますが、政務活動費と政治資金収支報告の意味が関係者でなければ、十分に理解ができないのではないでしょうか。

posted by fusako at 11:32| 議会のこと

議会の閉会中は

IMG_0159.JPG
暖かくなって花がついてきた水菜  
これも食べられますから、たくさん咲かせて辛子和えにしてもおいしいです。

今日は本物の春の太陽??
そんな気分です。

議会は25日が閉会です。
委員会や個人の勉強時間にまた活動にと、次の議会までの閉会中も忙しく働いています。

ところが、議会・会議(委員会)以外の登庁はないと思っていらっしゃる方がおいでになります。
行政の会議・審議会の傍聴や調べものや、担当課さんをお伺いする時もあり一日中でなくても登庁をすることが多々あります。

初当選後にこれほどの仕事があるのかと思う方がいらっしゃるのではないでしょうか。

不規則に動くので、家の前を通る方と会うと
「今日はお休みですか?」こんな時なんと説明するか戸惑うことがあります。

会議だけの動きでも資料の勉強、その調査を含めると会議前に時間を使います。
議員報酬を会議の時間だけで換算すれば相当の額と思います。

時間をいとわずに現場へ出向きお話を伺うなど不意の動きは常にあります。

来月から後期高齢者となりますが、お陰様で元気に動けていますことには感謝しています。
同級生から労いをいただきますが、家にいる方と自分でも元気具合が違うかも??て感じています。

でも、決して無理はしてませんし順調に動けて感謝かんしゃです。


posted by fusako at 10:03| 議員活動のこと