2019年03月02日

自衛隊ポスター撤去

自衛隊募集ポスターの件では抗議行動をそれぞれがしていました。

今回の件では陸上幕僚監部からの撤去という指示が出ています。

撤去の理由について「不適切な表現内容が含まれているとの批判が、自衛官募集のポスターに向けられるのは本意ではない」と説明している。

京都新聞の取材に「着衣は下着ではなくズボンという設定で、適切な範囲だと考えている。多くの人から評価を得ている。掲示は継続する」と回答していた。
posted by fusako at 19:40| 議員活動のこと

野党統一

野洲で緊急市民会議が開催されました。

IMG_9965.JPG

新潟の市民連合の代表を務める佐々木寛さんの基調講演
野党統一候補の擁立には市民が新たな活動から連携し「観客民主主義」からかかわりを持ち同じ方向へ・・

下記は新潟の市民連合が候補者と協定した内容の一部です。

IMG_9966.JPG IMG_9967.JPG

市民は自分が選んだ政治家を、丸ごと信じ何でも任せきりでなく、距離を持ち見ること、政治と市民活動の違いがあることをおっしゃいました。
政治判断で、当初の選挙の訴えからずれ、ややもすると組織内で動いて、市民向いていないこともあるという内容だったと思います。

今、立憲民主と国民民主から統一して嘉田氏をという報道があります。
もともと、立憲民主と国民民主は同じ党にいた人たちです。

まだ、共産党と社民と合わせた4党合意に至っていないのに、もう嘉田氏を一本化の風潮があります。
嘉田氏は一本化に向けて?国民民主を離脱し無所属という立場をとられましたが・・・。
過去に無所属では動けないじゃない?と、、
嘉田氏は一本化に無所属と?
国会でどう活動できるでしょうか?手腕が問われます。

共産党はいつも勇気もって引く立場におられますが、この心を受け止めて、今後の活動には十分に引き締めていかねばならないと思います。また、共産党は引かれるものとばかり思っていないでしょうか。社民や共産党員が少なくても4党が同じテーブルで協議ができてこその統一だとおもいます。
その上、透明性を持ち、市民に候補者の思いが伝わってこその一本化する経緯が大事だと思います。

会場の意見では、将来を見据えて共産党の若い人を選ぶのがいいという発言がありました。
また、嘉田氏は共産党に頭を下げてほしい・・・と

滋賀の選挙区で共通政策ができており、4党が合意していますことから、一本化した時には皆が理解した中で活動を進めていくことが重要です。

政治に関心がないと思っている方も、道端で話すこと、世間はなしも皆政治につながっていますから・・・


posted by fusako at 19:21| 議員活動のこと

ご案内    「少子化」論を問う―その変遷と科学言説の検証―


【高校保健・副教材の使用中止と回収を求める会】
〈連続勉強会・「国難」のなかのわたしたちのからだ:第2回 〉
「少子化」論を問う―その変遷と科学言説の検証―

日時:2019年3月24日(日) 14:00−16:30

会場:大阪経済法科大学東京麻布台セミナーハウス2階大研修室
地下鉄日比谷線・神谷町駅(1番出口から地上に出て左、道なりに直進5分)
http://www.keiho-u.ac.jp/research/asia-pacific/access.html

参加費:500円(学生・非正規雇用の方などは300円)
申込み:準備の都合上なるべく下記へお申込みをお願いします。当日参加も可。
申込み・問合せ先:stopkyouzai@gmail.com
(共催:リプロダクティブ・ライツと健康法研究会)

プログラム
●あいさつ・司会: 柘植あづみ (明治学院大学教員)

●報告1.田中重人(東北大学教員)
「『少子化』観の形成とその変化:1974年から現在まで」
●報告2.高橋さきの(翻訳者、お茶の水女子大学非常勤講師)
「2010年代の「少子化」科学言説」

●フロア討議

少子化対策が「結婚支援」を掲げて人口増加政策であることを
自ら明らかにしたいま、国や自治体は「卵子の老化」さらには
「精子の老化」など、まことしやかに「医学・科学」を騙って、
若い世代のからだ、性、生き方に介入してきています。
しかし次世代をめぐる問題群は「若いうちに脅して産ませる」ことで
解決するものではありません。
すべての人の関与が等しく問われる問題群でもあるはずです。

第2回目の勉強会では「少子化」という官製用語の発明から
形づくられてきた「人口」をめぐる現場をみなおし(田中)、
現代生物学とそれらの科学言説との乖離状況について再確認しつつ(高橋)
議論をすすめます。一緒に考えませんか。
posted by fusako at 10:48| 議員活動のこと

卒業シーズン

IMG_9943.JPG

3月は卒業シーズン

子どもらの小中校の卒業には近いこともあり私ひとりで参列しています。

大学の入学にも夫は仕事で私が二人とも出ました。
25年くらい前、当時でもご夫婦での参加者がおられびっくりした記憶があります。

卒業式には息子は東京で行かないつもりしていたのに、前の晩に、息子から
「今回来なかったら、妹は違う大学なので、もうここへ来る機会はないんと違うか。。」
と言ったので、朝一番の新幹線で行きましたら、ここでも案の定夫婦連れの大きなカバンを持った保護者が多いでした。
上から式場へ入る時の息子を見つけたら、ネクタイをぶら下げて着席して不器用に結んでましたっけ・・。

娘の大学はユニークないでたちの卒業式は毎年報道されるので関心があり、当時夫は退職していたので二人で車で行きました。
娘には袴だけ借りて私が着付けし、髪は娘が自分でしていました。
会場に入りきれない保護者には別室のモニターで見られるようになっていました。

今、小中学校でも卒業生よりも保護者の数が多くて、カメラも男性が立って映しておられます。

アルバムがない時代になって保存には場所が要らないので、今はいいなぁーって思ってます。

皆さんには思い出の記念の卒業式になることを・・・
posted by fusako at 10:38| 日記

私には難しい・・お世話

IMG_9958.JPG IMG_9906.JPG
3月2日                  2月26日

蕗の薹が少し開いてきました。やさしい太陽が春を感じ、ひだまりが恋しくて・・・・・・


IMG_9959.JPG IMG_9908.JPG
3月2日                  2月27日

シャキッと開いてきたクリスマスローズ
昨日訪ねたお家の門に置いていた色違いの鉢は、もっときれいに咲いてました。

他の鉢もお手入れができていて、うちのとえらい違い。

家の山野草は水やりしか・・・
そんな鉢はだんだん消えていきます。
鉢はどうしていいかもわからないので、地に下ろすようにしますが、木を地に下すと大きくなるので、自己流に剪定しますけど・・・

生き物のお世話は難しい!!!

posted by fusako at 10:04| 日記