2019年03月23日

土筆のおひたしや佃煮

IMG_0198.JPG 近所の畑に見た土筆


今日車で走っていて、信号で止まった時に、田道を見ると沢山の土筆が見えました。
離れていてこんなにたくさん見られるのは珍しいです。

土筆の袴をとって、佃煮にしたりおひたしにしたりします。
頭がちょっとほろ苦いですが、春の味です。

長男が5年生の時に積んできて、佃煮にして担任に持っていきました。
先生が「こんなことしてくれる子は横道へ行かへん子や」と、おっしゃったことを思いだします。

今外遊びする子はあまり見ませんが、息子の時もすでに野遊びする子は少なかったです。
塾通いはしていませんでしたし、暗くなるまで外遊びをして、時には遅くまで帰らなくて、ご近所さんに探してもらったこともありました。

その時は頭に蜘蛛の巣がいーっぱいで、本人はにこにこ楽しそうに・・皆さんにご協力いただき、ありがとうございました、すみませんでした。

posted by fusako at 23:38| 日記

政治家と人権意識

DSC_1232.JPG

私は、議員に当選させていただく迄は長年ジェンダーを再生産しないために勉強し、市の懇話会や委員会等イベント等々、女性問題、他にも人権にかかることでは活動していました。
学区の当時の「婦人部」の役割も、補助作業ばかりで、会議には同じテーブルに女性が乗っていませんでしたので、女性部と改名するところから、検討をしながら活動していました。

その間、男性から脅されもし電話もかかり関係者・機関へ相談したことがありました。
夫はそこで私には、活動をやめろとは言わず、
「情けないこっちゃな!これで止めたら今までしてきたことがそこで止まるんやぞ、、、」と言いました。

そんなこんないっぱい抱えていましたが、議員に就任してから、市民の人権を尊重することが優しい街づくりの基本だと思っていました。

初めての当選後に先輩議員(今現職におられません)から、廊下で言われたことが今でも忘れられません。
「人権で仕事がなにできるんや、、、でけへんやろにぃー。人生踏んでその年で来たんやさかいに、マー見せてもらおーうか」

今つくづく思いますが、多様な社会の中で一番に個人が尊重されねばなりません。
特にまだまだ周知されないで苦しむ方々のことを、敏感な感性で受け止めて対応することが、求められています。

その中の一つLGBTの方々がやっとオープンな形で動き始めました。

2月議会でも質問しましたが、まだまだ市の制度は追いついておりません。LGBTの方々への優遇施策ではなく、皆と同じ公平な施策へと生活にかかる人権だと思っています。

更に皆の研修が必要になっています。
posted by fusako at 22:32| 議員活動のこと

ざわついてきた県議選

IMG_0197.JPG

朝の一連の家事等々の合間に、電話が来てまた新聞見ていると時間が早く経ってしまいます。

また寒の戻りのようですが、畑の様子を見ると仕事が溜まってます。

県議会議員選挙にかかる動きが、報道や周りのざわつきから見え隠れ・・・。

同窓会名簿から来る選挙活動って・・・
その個人情報を使うことはどうなの??

何をしても、どんな手を使っても、票につなぐ、誰の伝手でこうなってくるのでしょうか。
本当に候補者の人柄が分かるかどうか、その人の資質まではとても分からないのが難儀な点です。

私も皆さまにはどのように映って、評価をしてくださっているか?近い方とは話せていますけれど、、、、
一緒に活動する人が、ご支持くださると私のことをご理解くださっていますが・・・。

選挙の時だけ顔が見える方は、十分にその方が分からないと思います。、
広報に書かれたものを頼りとして、また国の動きから見て政党を選んだりされるでしょうか。

きちんと生活現場を見て動く方を選ぶことが大事と思っています。
女性の視点で」とおしゃる方もいらっしゃるのですが、女性が皆同じ視点ではないのですから、疑問です。

選挙時には離脱して無所属で選挙して、当選したら動く方もあります。
政党員でも政党の推薦をもらわないで無所属を掲げる方もいらっしゃるように思いますが、、、、

地方の自治体では、政党や会派が必要かどうかと疑問に思っています。
私はどの政党にも属していない全くの無所属で、応援は控えてます。
posted by fusako at 10:56| 議員活動のこと