2019年03月31日

ぽつんと一軒家

IMG_0255.JPG

時々「ぽつんと一軒家」を見ることがあるけれど、子どもさんが一人立ちして出た後の高齢者が元気に自然に暮らしておられるのを見ると、何とも言えない感動を得ます。

でもこの暮らしが今では到底できないけれど、生きるってことを考えるきっかけになれます。

大自然と向き合い無理なく、焦らずゆったりと、不便さも感じないで悠々と。。。
山の中の家まで自分で動かせる車があればいいけれど、、、

野菜は自給自足しても、買い物には出なければならないでしょう。
ひと昔、まだ私の子どもの頃は井戸があり、それを電気でくみ上げていました。
ガスはプロパンが来て便利になって奥戸さんが要らなくなっても、置いてありました。

懐かしい・・・
薪を燃えやすいようにチエンソーも女性が使ってるし、力仕事が減り、電気も山にきて洗濯機もあるし、、、

元気ならいいけれど、病気したら通院には困ると思うな・・・・。
皆さんたいていはお一人暮らしで、お元気で山や畑仕事をして、ゆっくりでも楽しんでコツコツと、、、

自分でも分かりませんが。。。この暮らしっぷりを見てなぜだかウルウルしてきて、なんなんでしょうか、

温かーい気持ちになれました。い
posted by fusako at 22:31| 日記

選ぶ&選ばれる

IMG_0260.JPG

適任者を選び続けることから、社会参加が始まる

会う人から、選挙で忙しい??
尋ねられますが、政党活動は控えていますので、どこにもお手伝いに入っていません。
「ほな暇やん!」
何ときついことを・・・

2人の女性が県議選に出ておられます。
女性議員が増えてほしいのですが、皆さんがどのような投票行動になるか分かりませんので、何とも・・・・

昨夜40歳代の女性と話していますと、働く代表ならなんでそうなるんと思う行動をとる議員の考えが分からん!!
もっと歴史を勉強して認識を改めれば、今の政治のことがよくわかるはずなのに・・
嘆きを聞きました。
こうなると選挙にはいかんよ!!と、おっしゃってましたが・・・。

「誰も家に来ないし、チラシもって来んから気張ってるかどうかもわからん。」
そのような判断でしかないのは残念!!

議員選挙だけは人を押しのけて、不正ぎりぎりのせん?でも頼んでたのんでいろんな手法で・・・
自分の実績として誇張し物を言う・・それが見えかくれでも・・・。

生活者の目線、生活現場の状況を感じる女性が、意思決定の場へ沢山出てもらいたいところです。

ボランティアの任意団体の役員はなり手がなくどこも頭を抱える問題です。
事業(行事)はあくまで手立てですから。マンネリ化を避けて踏襲を打ち破れることでないと、事業が多く、仕事をしながらでは皆が役員につくことは嫌がられると思います。

団体長の一年目は仕事が分からんので、2年目も続けて役員を受け、3年目にはしんどいと思わんようになる・・・こんなことをおっしゃる方もありますが、それは同じことの踏襲が原則で、3年目は惰性でないかと思います。

会員の意見が受け付けられないで、古い方の大きな声で物を言うところでは、民主的ではありませんし空気はよくないですね。
posted by fusako at 16:20| 議員活動のこと

芽吹き

IMG_0236.JPG IMG_0253.JPG
柿の新芽 青々と

ゆっくりでも律義に季節になると、草花も出てきてくれる。
ふと気が付くといつの間にかなくなっているものもあるけど、

IMG_0251.JPG IMG_0256.JPG 
ご近所さんのチュウリップ   ほんの小さな花も、手を加えてないのに出てきてくれた

IMG_0257.JPG まだ花がつかないスナップエンドウ
よその豆は白い花が見えるけど・・・・
posted by fusako at 15:57| 日記

討論の羅列ですが

IMG_0250.JPG

NHKの日曜討論を見ながらいろいろ感じています。

まさに今統一選挙中

各政党の選挙対策議員の発言を羅列しています。

人口減少の地方再生をどうする 
地方分権の言葉も聞かなくなってしかも、地方に任せているか
待機児童がいながら 3歳以上の保育の無償 潜在需要が増えていて追いかけになっている

地方再生には移動手段の確保が大事と言うはずの文言では、公明党議員が「足がない」「足の確保の整備する必要がある」市議会ならすぐに事務局が指摘して文言のお詫びと訂正が入りますが・・・

地方議会の立候補者が少なく、議員の成りて不足となり39パーセントが無投票 1強多弱では活性化していない 
出やすいように選挙制度をかえる
被選挙権の低年齢化 25歳では他国と比較するとまだ遅い 18歳の国もある

女性の候補者を増やすことが重要
兼業しても議員ができるよう夜の会議にするとか
議会の中に市民意識が占めるには女性が必要 世界の中で低位置


首長に権限を持たせ、その施策をチェックする議会の力が弱い 
事務局のスタッフを増やす
議員が提案する議案を増やす

議員報酬や制度の課題を解決する
議会の活性化 会派や議会の構成を変える 基本条例に沿って運営し公開性を示す
地方の合併の弊害がある  
身近な生活圏を感じない地方議会は、定数が減っていくと、地方は議会の機能に弊害が出ている

政党に魅力を感じない若い人へ、参加するとわくわく感があるようにしたい
市民の声を届けて忖度ではなく解決できる、「議会人はこのようなことができるのだ」やりがいのある仕事であることを伝えるべき

議員が叩かれる姿を見たら議員になりたくないと思う

政治が統計を捻じ曲げると社会が崩壊する
消費税の福祉にきちんと使えるのか、還元をはっきりと示すべき

 



posted by fusako at 10:15| 日記