2019年04月07日

四季  お軸

うらうらと照れる光にけぶりあひて咲きしづもれる山ざくら花  若山牧水

IMG_0371.JPG

のどかに輝いている光のなかに、けむりあうようにそして静ずまりかえるようにに咲いている山桜を詠んだものです。

15年位前に書いたものなので、今見ると、恥ずかしいですが、梅の軸が時期外れたので、掛けかえました。
時間を見つけて筆を走らせたいと思っていますが・・・
posted by fusako at 16:12| 日記

違反行為 摘発

IMG_0346.JPG ニワタスの花

統一選投票終了後に選挙違反、一斉摘発へ!!!


「警告位は軽いもん、金品の授受さえ、せんかったらええんや、」
95・9%に当たる2428件が文書違反ですので、過去には、乱暴なこんな言葉を聞いていました。

だから、ぎりぎりならどんな手でも使うのでしょうか。

有権者は詳しく違反行為が分かりませんので、余計に警告位はしてしまう??
いけないことはだめという基本は、子どもの時から習いますけど・・・
なり手がなく無投票と違って、選挙するところでは、人を押しのけてでも、自分を自分が・・ということですから、

当選いただいた後が、次の評価にものを言いますから・・。
見る人は見てるよ!そうおっしゃいますが、
風評もひどくて、虚像が走る選挙期間ですから、こわいです。

選挙規定は期間中でなくとも、規定は有効です。

市議会議員は選挙区内の人にお金や物を送ることは、公職選挙法で禁止されており、違反すると処罰されます。
また、有権者が寄附を求めることも禁止されています。
 
 政治家は有権者に寄附を「贈らない!」
 有権者は政治家に寄附を「求めない!」
 議員から有権者への寄附は「受け取らない!」


寄附行為に該当する事例
 入学祝いや就職祝いまたは開店祝いとして祝い金や祝い品を送ること
 町内のお祭りに寄附をしたり、会合にお酒や食べ物を差し入れすること
 葬式の際、供花や花輪をすること
 利用を予定しないチケットやパーティー券を購入すること
 旅行や視察に行く際に選挙区内の人から餞別を受けること、またお土産を買ってくること
 氏子である神社や檀家となっている寺の社殿や本堂修復などの名目で寄附をすること
 自分の選挙区内に事務所等を構えている募金活動に募金をすること
 出席を予定している結婚披露宴の祝儀や葬式の香典を事前に相手方(親族を除く)に届けること
 答礼のための自筆によるものを除き、年賀状や見舞状などのあいさつ状を出すこと

(印刷物に署名をするだけでは、自筆とは認められません)
町内会の役員が町内の人たち全員に寄附を募る場合に町内の議員に対しても寄附を求めること
後援会が花輪や香典、祝儀などを出すこと
※寄附行為の禁止となる対象の相手方は自己の選挙区内の人や団体です。

posted by fusako at 12:27| 議員活動のこと

回転よく行き(生き)たい

IMG_0348.JPG

日曜日は各局の討論を見てからスタートですが、見られない日もあります。

新聞やテレビの報道の方向性、落としどころが見え隠れします。

何新聞を読んでいますか?軽げに聞かれることがあります。
しかし、これも図書館員さんらが、個人が何を読んでいるか漏らさないでいることに似ている気がします。

新聞でも同じものを長年違和感なく読んでおられる方がいらっしゃる反面、テレビでも新聞も深読みしておられる方もいらっしゃいます。
どれも見聞きして自分で読み解ける力を付けることが大事だと思っています。

中には報道が事実と異なることがあったり、またその考察も機関で異なります。
就職してその新聞社や報道局に沿わないなら、出世が遅いようですが、新聞記者の生き方が見えます。

多くの情報を得ることは、たくさんの人との交流で、その人の育みに反映していると感じることが特に最近感じています。
久々に出会って話をさせていただくと、言ったことにずれる話になるとか、考えもふと変だなって感じることに遭遇します。

教育は大事ですが、同じ音で「きょういく」「今日行く」ところがあることはこれからの私にとっては大事なことと思っています。
posted by fusako at 10:16| 日記

適任候補者がいないとき 白紙投票でも

IMG_0370.JPG

昨日夕方、出会った方から、
「あれっ!宇野さん今日ここにいてええの?選挙最終日ですやんか」

私は無所属の姿勢を貫いていますので、どこへも特段の応援にはいかないで、街頭や演説はお考えを聞きたいのでその場へ行きます。

いよいよ今日、投開票です。

皆さまどうぞ棄権だけは絶対にしないでください。
適任候補者がいないなら、白紙投票でもして意思表示をお願いします。

自分の選挙活動中に、白紙でも・・・こんな風に言うと
「なんで、私にご一票を・・・って言わないの!」言われたことがありますが、まずは投票に行っていただけることが大事ですから・・・

当選させていただいて、その後の議員活動を、ご自分が選んだ方々の後の活動を見ていただきたいと思います。
議員は、自分の地域や特定の団体の利につながることだけを優先するものではありません。
いわゆる我田引水では、税金の公平公正な予算の使い方にはつながりません。

議員は市民のみなさまから選ばれたといっても白紙付託されていないと思っています。
まして、投票率が低い中では、ごく一部のみなさまから当選させていただきました。


定例議会ごとに報告は「宇野ふさ子ネット」と、「議会ほうこく」の配布をしています。
印刷がもうそろそろ上がるので、ポスティングと送付で、3月25日に閉会した議会の報告作業は終わります。
posted by fusako at 09:17| 議員活動のこと