2019年04月24日

障害者の性

IMG_0594.JPG
アマガエル

本日 「強制不妊救済法 成立」
障害者差別に当たるとして旧法の「優生手術」規定が削除されてから23年。
ようやく国による救済が始まります。

※旧優生保護法
「不良な子孫の出生防止」を目的とし、知的障害や精神疾患、遺伝性疾患などを理由に不妊手術を認めた法律。1948年に議員立法により制定された。不妊手術を受けたのは約2万5000人で、うち約1万6500人は強制とされる。96年に障害者差別に当たる条文を削除し、母体保護法に改正。


2017年に「障がい児・者の性」について学習会へ参加しました。

障害者権利条約の国連総会の採択(2006)後14年には日本でも効力発生となり、2016年施行された「障がい者差別解消法」が権利条約の批准のために制定されました。

ここの参加者は、障がい者を指導する方や、学校の教師、保護者、施設関係者等々・・・

障害があるから、恋愛も禁止、結婚も周りが止めることの古い意識からの脱却をし、支援できる福祉の役割がいかに重要かと再度わかりました。

性教育は通常学校でもきちんとしたことは教わっていませんが、何が良くて何が悪いのか科学的、生物学的な部分の教えは、文化的能力に応じて、どこの誰もができなくてはなりません。

親から学ぶこともなく情報が氾濫している今は、アダルトを見て間違った性の認識が身につかないように、正しい性に関することを教えるべきだということです。
posted by fusako at 21:36| 日記

決算審査項目選定

DSC_1270.JPG

スポーツ&イベント・コンベンション施設「くさつシティーアリーナ」が、野村3丁目に位置し、6月23日式典の後から供用開始になります。

明日、都市再生特別委員会で視察に入ります。

毎年の決算審査は9月議会で行います。
その審査項目を会派内で検討し、提出して決算審査特別委員会で項目を決定します。

先に決算審査項目を執行部へ出すとそれ以外の決算は審査しないのではなく、その他のところで質問を出す機会が設けられています。

この決算審査は改選後ですから、新人議員さんらの仕事には直ぐなので分からないかもしれません。
改選後の決算審査は今の決算審査委員が継続するなどの進め方をしてはどうかと協議したところです。

30年度の決算が、6月頃に出るので、次年度(31年)スタートした秋に決算審査をするので、昨年度の反映がすぐにできていません。
しかし、予算要求では会派ごとに提出するときに、進捗を見て意見を提出しています。

posted by fusako at 21:00| 議会のこと

耳さわりいい言葉に誘導されては

IMG_0542.JPG

今年は選挙が続く年です。

候補者の掲げる公報には、首長以外は、予算執行権がないので、自分ができる範囲をどう表現しておられるかを、拝見しています。

有権者との、公の約束ですが・・・

有権者さんが、候補者が掲げることに期待し、実現してくれるのだと思って投票されるでしょう。
しかし、議員はその施策提案を出来ることが大事です。
予算のやりくり権限はないので、公報に掲げた期待される事業は実現出来るかどうか、、、、。

そこにいわゆる忖度?口利きが働いて、昔ならここに道路をとか、駅をとか、ミラーを早くつけるとか‥ではないのでしょうか。

市民のみなさまにとって、どれに優先順位を付けていくのかの説明ができるように、今ではデーターを元にしているので、大きな声の議員の思いだけでは動かせられません。
そうでなければ、公平に皆さんへの還元はできないと思いますから・・・

候補者さんが過去に、
「中学校給食を実現します」と掲げられていたのに、その後まだ予算執行がなく公言した議員がもういらっしゃらないんで、
「あれはどうなったのかしら???嘘いいはったんや」と聞いたことがありました。

予算執行権のある市長候補者のマニュフェストに掲げることができても、議員が
「給食を実施します」とは言い切れません。ここを有権者さんに知っていただきたいのです。

その、伝え方次第では、○○事業を推進をするためには○○をしますとか、○○に努めますならまだしもですが・・・・
立候補者の耳さわりのいい言葉に、一票を入れても、本当に動けるのかどうか、調査研究しデーターを揃えて議会内で検討して政策提案までしないと、まして議員個人が進めることは大仕事です。

大きな構想をもって実現までには議員個人では到底難しいものを掲げ、演説される方も見えますが・・・
予算が伴い、国・県・・・地域のご理解等々の連携もあるなど、課題が山積します。

投票するとき、人気投票なの?なんだか不確かな声も聴くと、意識の醸成がいかに大事かと思います。

投票率が低下していますが、根底にある意識を分析、考察・解析し、現場目線でまちづくりを考えていきたいと思います。
posted by fusako at 10:03| 日記