2019年05月15日

漬けています、ラッキョと梅干し

IMG_0801.JPG

調味料は酢、塩、砂糖を煮たたせ、冷まして使います。白砂糖と、三温糖と白砂糖を混ぜたものでは、漬かり具合はどうかな?
色は違ってくるけど・・・

野菜売り場にラッキョが並ぶようになりました。
毎年漬けますが、昨年少なかったので、早くなくなりました。
子どもらは大して使わないのですが、私は少しづつ毎日刻んで和えたり、そのまま食べています。
食べないときは、玉ねぎの料理があるときです。

ラッキョがなくなった後の、漬け汁の酢はドレッシングとして使いきります。

これからはまた、梅干しを漬ける時期です。
いつも、市販の梅と家の梅を足しますが、今年は梅の木の剪定をしたので、実が一つもついていませんので購入予定です。
赤紫蘇は畑に自然に出るのでそれを使います。
漬けた後は干して紫(ゆかり)にし、ふりかけにします。
posted by fusako at 22:54| 日記

今年もか???

IMG_0811.JPG

また今年もダメ??玉ねぎが倒れて葉先が枯れてきてもうやだ〜(悲しい顔)
昨年は病気で小さなものしか獲れなくて・・

10年土地をあけなければ・・と種屋さんに聞いたので、畝を替えましたがまた???
難しい!!!
折角少しは丸く大きくなってきてるのに、あと少しすれば大きくなるだろうに、残念!!
でも朝、治療の薬をまきました。

IMG_0806.JPG
柿の木の下に蕗が大きくなってきています。若いうちに獲って皮を剥かずに佃煮にすればちょっとほろ苦くて美味しいです。


雨が欲しい。土が柔らかくなったら、支柱を立ててキュウリや諸々夏野菜はテが要るのですが、来週まで待たなければ・・・かも?
posted by fusako at 16:20| 日記

ご飯が食べられない

IMG_0795.JPG

子育てには重要なことがたくさんありますが、衣食住を家庭で担い、学問を主に学校で習い、また大人が社会のルールを教えることも大事なことです。

各家庭の指針でその子の将来への反映と成果は、長年の間に育まれ成人して結果が出ます。
子どもの頃に刷りこまれては困ることも見え隠れします。

「早寝・早起き・朝ごはん」と提唱する学校は沢山あると聞き及んでいます。
ところが、勤務の事情で朝ご飯を保護者が支度できない、あるいは家にいても支度しない、経済的な理由で食事の準備ができないなど、いろんな理由があります。

掛け声の「早寝・早起き・朝ごはん」は、今では全員対象にはどうなんでしょうか。
子育てに関係する方にお話をしたことがあります。
最近、あちこちに、全国的に子ども食堂が進められています。

「早寝・早起き・朝ごはん」が該当しないのは一部の方のことですからと、この標語を推奨しないわけにはいかない・・・と言われてしまったことを思い出しました。

でも、並行してその陰にいる弱い方々への対応が遅れてはならないことを、配慮してこその、教育であり子育てではないでしょうか????

「早寝・早起き・朝ごはん」を学校に掲げてあることが、苦痛に思う子があるんだと言うことを踏まえてこそ、一人ひとりへの対応ができるんだと、、、

今朝、学校で朝ご飯を提供する高齢者の女性の活動を見て再度考えました。
posted by fusako at 10:14| 日記