2019年07月18日

一国の首相・安倍さんの本音?

IMG_1225.JPG

期日前促す演説で安倍首相が「お父さん、恋人も誘って」と・・・
夫婦なら妻しかいないのでしょう・・
心の恋人とでもいうのでしょうか?
お母さんは昔の恋人を探し出してと続けたらしい、ふざけてません?

それとも男性に対して、みなお父さんというの???お父さんになりたくてもなれなかった人もいます。

憲法24条は、婚姻における男女平等。日本で家父長制に苦しむ家庭の妻・娘たちを見たベアテ・ゴードンさんがつくりました。

24条のおかげで姦通罪は撤廃されました。
それまで、夫たちは”正妻”のほかに”妾”を持っても「男の甲斐性」なんて言われてました。
昔は男の甲斐性で、妻以外に女性を外に、議員は何人もいたそうな・・・
妻が婚姻外の性関係を持ったら姦通罪という厳罰が待っていました。かくまで明らかな男女不平等は他にはありません。

この演説はあり得ないことを拡げました。
身内の、飲み会の話?身内でもこんな不適切なこと言いませんよ、不貞行為と言わずとも、まして一国の首相がです!!

posted by fusako at 21:03| 日記

腕を噛んでふりほどいて

IMG_1233.JPG

このところ児童に対する不審者情報が続いています。

最近のケースでは、走って逃げようとしたところ、追いかけてきて肩をつかんできため、相手の腕を噛んでふりほどいて逃げ帰った。
ええっ!!!小学4年生女子児童が腕にかみついて逃げた・・・

すごいけど、その後が何もなくてよかったけれど、反撃されたら怖いことになるのではと、ドキッとしました。
しかし勇気のある小学生ですね。

帰りには、見守りに辻に立ってくださっていますが、そこから途切れたところが危険でしょうね。下校時間帯には家にいらっしゃる方々が、一寸通りに出てくださるだけの見守りもうれしいです。

地域で子どもらを見守り育てることができるといいですね、
posted by fusako at 17:16| 日記

共働きの子育て奮闘

IMG_1235.JPG

朝外に出た時,孫はいつも丸虫を見つけます。
本当に多い小さな生き物

何となくいたのですが、子どもには何でも発見につながり、質問攻めにあいます。
自我が強くなり、自分の意志が通らないと、泣いてわめいて、仰向いて寝転んで、じたばた!
これを外でされると困ったもんです。

母親が海外主張なので、当分息子が早退を連日しても、7時ぎりぎりのお迎えです。
転園届もやっと、近くの園に受け入れられたようです。
私が出向いてお願いはしませんし、園にも最近私の孫と分かったのは、入園からずいぶん経ってからでした。

息子が作るご飯と、私の差し入れとで過ごしてます。
パパと晩ご飯を食べてお風呂入って一緒に寝る日々です。朝も、一緒に食べていきます。

同じ敷地内にいるので、見てやれますけど遠方の共働きの娘は、3人の子育てをして、今下の子が小1です。
もうしばらくしんどいでしょう。

身体を倒さないでと言ってますけど。。。。
posted by fusako at 09:23| 日記

終活を始める

IMG_1224.JPG

朝日ドラに見る時代の懐かしい服が見えます。

ペーズリー柄の葉、その当時はすごく新しく思ていました、今でもなんでなん??
先に取り入れて着る人を批判的なことを言う方は、多くなってません?

箪笥の中身を見ると整理しなくては・・・・

今度矢倉の高齢者サロンでは、終活の「い」・・エンディングノートについて
これは家族が困らないようにすることに意義があっていい。
その一つが書いて残すことだと思いますから・・・

民法が変わりましたので、そこ辺りも触れられるかな?
posted by fusako at 00:24| 日記