2019年07月27日

議員は予算執行権がありません。


まだ、6月議会の議事録が出ていませんが、録画では見ることができます。
6月議会の一般質問の中で、投票について質問する中で、次のこと述べていました。

私たち議員は予算執行権がありませんので、「あれやります、これやります」と、何をするにもお金が要りますので、お約束することは出来ないと思っております。
予算書を見て審査し、その使い方(決算)も審査する側です。

首長ならば、これをやります、あれをしますと言って選挙に「公約」を掲げ、「マニュフェスト」も掲げます。

議員はシッカリとこれをやりますと大きな声では言えませんので、自分の叶えたいための努力と、提案をこのようにしますと市民のみなさまに申し上げて、この場に立たせていただいております。・・・と述べていました。


DSC_1316.JPG

9月1日に告示される市議選
明日は立候補予定者への説明会です。
いつも本人が臨んでおりました。手つくり選挙で少人数で訴えて4回当選させていただきました。
人がそろわないと8時に車が出せません。電気が看板につく街宣車でなく質素なものです。
電話作戦もしていません。できる限り連呼はやめて、ポイントで短時間の演説を繰り返しました。
今回も費用をできる限り少なくして、ボランティアさんで賄いもしない市民派で変わりません。
明日は後任の本人さんと一緒に臨みます。
posted by fusako at 22:11| 議員活動のこと

男・女・その他・回答しない

DSC_1317.JPG
一日ぐずついた天気で明日は曇りで持つのかな??
雨になると動きつらい。

過日の催しのアンケートに性別記入欄があって、指摘させていただきました。
男・女・その他・回答しない

「その他」はどう受けとられるでしょうか。
「他」という言葉からは『普通ではない』との印象を受けないでしょうか。

男女以外に性別があるとは誰も知識がありませんでしたから、以前は「その他」を加えることで性的少数者に配慮したものだと思われていました。

LGBT(性的少数者)に配慮するため、住民が自治体に提出する申請書類の性別欄を削除したり、「男」「女」の二つだった選択肢に「その他」「答えたくない」などの項目を加えたりする動きが、少しずつ広がっているが、一方、「『その他』という表現は、差別につながるのでは」といった指摘もあり、各自治体は配慮のあり方を模索しているところが多くなりました。

申請書類の性別欄の見直しは、各自治体では見直しつつあるが、文書で欄を削除するか表記を工夫した自治体もあります。
不快な思いをされることがないように配慮しなくてはなりませんから・・・・。
posted by fusako at 21:29| 日記

市議会議員 改選前

IMG_1266.JPG


台所に取り込んできた、赤い紫蘇か大葉にセミ殻がついていました。
もう抜けています。
短い命の蝉は最近減った気がします。夜になるとカエルの声が聞こえて、なれない方は寝つきが悪いそうですが・・

台風が近くにあって雨模様で、外へは動きつらいですが、動きを止めることができません。

明日は市議候補者予定説明会です。


posted by fusako at 08:46| 議員活動のこと