2019年08月03日

梅干しの出来上がり

IMG_1306.JPG  IMG_1307.JPG

日中は家で仕事して、合間に乾いた梅を、焼酎で拭いた容器に片付けました。
紫蘇はさらに乾かして、後はレンジで乾燥の仕上げで、ふりかけ(ゆかり)にします。

孫に娘が市販の味付け梅を食べさしてから、私の梅干が酸っぱくて辛いって・・・
息子は私の梅を欲しがるので、海外にいるときは送っていました(笑)

梅を毎年漬けて余ると、ご飯炊くときに4合に3個くらい入れて炊きます
ご飯が赤くならず、味もつかないでいたまないご飯ができます。

ラッキョも漬けて今年はショウガも漬けました。
これはラッキョの汁につけるだけなので、ごく簡単でした。
ラッキョの汁は、酢のものに使いきります。

もったいないので、食材は工夫して、いただき物の佃煮はなかなかなくならないときは、和え物に入れます。
塩こぶはサラダの塩の代わりや、おひたしなど、、、、

昆布醤油が売ってますが、昆布を切って小さな容器に入れ、醤油をその上から入れてしばらくすると、トロっとした醤油になります。
ニンニクも醤油漬けにしてその醤油は、炒め物に使ったりニンニクも刻んで使います。

工夫することが楽しいので、お惣菜を作るのは苦にはなりません。
こんなことができると、冷蔵庫の掃除メニューが時には活きますから・・・

posted by fusako at 14:58| 日記

汗だくで歩きました。

IMG_1284.JPG

早朝からの訪宅は控えて10時くらいから活動しました。

水を持っていますが、つい飲む時間を忘れがち・・
昼間では、如何ほどの数も回れませんが、親しくお話をお聞きさせていただきました。

私が少しも年を取ってないように見えるらしい、皴がないって(笑)お陰様で元気ですし、動きもよたよたしてないので、
「なんでやめるんや、もう一回でてから終わるのかと思ったのに、早い!!」
「真面目にようやってくれはった、ご苦労さんでした、お疲れさん」
「いやいやまだ9月末まで報酬いただきますから、きちんと務めます」

ありがたいお言葉をいただきますが、若手に交代します。
「宇野さんの推薦する人なら」
「本人さんを知らんからな・・」二通りのご意見があるのは当然のことです。

議会へ出なくとも活動は続けます。
私には市民派の先輩議員がない中議会へ入ったので、教えてくださる方が他市の議員さんでしたので、後任の支援に回ります。
草津市に女性議員を増やすために、やらねばならないことがありますから・・・
「議員辞めたら何するねん!」の声は一部で、私がじっとしてる分けがないと見てくださっています。
その通り、活動しますし、書き物をしようと思っていますから、休んでいられません。

暑かったぁーふらふら

夜は納涼祭に出かけます。
posted by fusako at 13:44| 日記

自家製の漬けもん いろいろ

IMG_1283.JPG

「ぬか味噌臭い」というと良いイメージを持たれずに、今では差別用語として使われている「田舎もん」というか、いい感じに思わない女性が昔は多いでした。

今はよき母像を追う人には、糠漬けをしないとか、できない、作れない女性のことを、淋しく思う男性方がまだいらっしゃいます。

私くらいの年齢でも、もう自家製の糠漬けも、沢庵漬もする人は少なくなり、梅やラッキョも漬けない人の方が多いです。私は相も変わらずに漬けてます。

この暑い夏は、糠の発酵がよく糠の中が熱いです。
朝晩手を突っ込んでかき混ぜると、手に匂いがつきます。外に出る朝は、ナイロンの袋に手を入れて混ぜてます。
うっかり手でかき混ぜて出た時は、嫌がる人もある匂いなので気を付けます。
でも、人は意外と匂わないそうですけど、私は感じてます。

糠漬け具合が暑いと早いのです。短時間の方がパリっと漬かって美味しいです。
もう畑のキュウリの最盛期が済んでほっとです。贅沢ですが獲れすぎると調理が追い付かず、若い人は品を変えるのが思いつかないようです。
塩押した後、塩抜きして私の調味液につけて、九チャン漬けのようにしています。
これもドッサリできると、おすそ分けするなど・・・

先にも梅干しを干してましたが、これで全部、あと少し干します・・・季節の保存食です。
IMG_1305.JPG

posted by fusako at 08:32| 日記