2014年10月05日

女性の政治参画勉強会

バックに特定の組織を持たない市民派の女性議員の多くは、自分のテーマの市民活動を経て、勉強会に臨んでから出馬する方がほとんどです。
議員になってからも、一人で出かけ研鑽をし、情報や元気をもらって帰ってきます。
このような個人の勉強や活動には、政務活動費は会派に支給されるものなので私は自費で動いています。

002.JPG しゅうめい菊

    記
1.名称:【法的クオータ制の実現可能性を探る】第5回勉強会
2.主催:「クオータ制を推進する会」(略称:Qの会)

3.日時:2014年10月25日(土)14:00〜16:00
4.会場:東京薬科大学千代田キャンパス 東京逓信病院管理棟5階


5.講師:久保公子(くぼ きみこ)さん(公財)市川房枝記念会女性と政治センター 事務局長・理事

6.演題:「女性参政70周年−地方議会にもっと女性を」

7.参加費:資料代として、1000円
8.参加申し込み〆切り:10月20日(月)
お申し込みは、下記情報をご記入の上Email  q-book2013@bpw-japan.jp 
             FAX03−5304−7876まで送信願います

お名前(              )  所属団体名(              )
 お住まいの都道府県・市町村、又は団体所在地( )
 ご連絡先 Eメール(            ) 又はTEL(            )

※お気軽にお知り合いの方々に転送してください。 
予約のない当日参加も可能ですが資料準備のため、ご一報いただけると幸いです。
連絡先:事務局:佐藤 090−4529−4634 Eメールq-book2013@bpw-japan.jp


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【日時】 2014年10月31日(金) 13:30〜16:40 (受付開始13:00)
【会場】 第2衆議院議員会館(地下1階 第2会議室)
 (千代田区永田町2-1-1) 
        有楽町線・永田町駅 徒歩4分 丸の内線・国会議事堂前駅 徒歩7分 
【参加費】 会員:議員3,000円 市民1,000円 
      非会員:議員4,000円 市民1,500円


資料準備の都合上 10月21日(火)までに お申し込みください

《プログラム》
【13:30〜14:50】 子育てをテーマにして
地域の宝をどう育てる?〜子ども子育て支援新制度の課題と自治体議員に求められること

来春の実施に向けて急速に準備が進められている子ども子育て支援新制度。
その中身については多くの課題が指摘されています。
4児の母でもあるジャーナリスト猪熊さんをお迎えして、最適な保育を提供するために
各自治体がどのように対応するべきなのか考えます。

【15:00〜15:20】 自治体議会における性差別体験アンケート最終報告/八王子市議:陣内やすこ
(全国フェミニスト議員連盟・増やせ女性議員!なくせ女性ゼロ議会キャンペーンチーム)
本年7月に、会員・女性議員を対象に全国フェミニスト議員連盟が行った緊急アンケートの最終報告

【15:10〜16:40】 女性の活用は女性の利用か? 
家事労働ハラスメントから見える問題の本質とジェンダーに配慮した議会

現政権が掲げる「女性の活躍推進」に感じる胡散臭さ。ここに潜む根本的な問題とは
何か。社会の進むべき方向性や女性が政治に参加するための阻害要因、議会におけ
るジェンダー問題について考えてみたいと思います。
「家事労働ハラスメント」の著者でもある竹信さんが問題の本質に迫ります。

17:30より交流会を予定しています

全国フェミニスト議員連盟 事務局  〒253-0003   茅ヶ崎市鶴が台14−5−202 (小磯)


posted by fusako at 14:42| 議員活動のこと