2008年04月14日

議員研修  高島市にて

0804140005.JPG  中江藤樹さんの教え


毎月「対話の会」の議員研修があり、今日は高島へ伺いました。
湖西線は急病人が出て、7分遅れました。山科からの短い列車の中は一杯の人で携帯電話を禁止するよりも、大きな話し声で迷惑していました。
市役所の車で中江藤樹生誕400年にまつわる所を見て、説明を頂きました。
近江聖人と言われる先生の教えは、今も強く残っています.朱子学を学び疑問を持っていた藤樹は陽明学に出会い、自分の考えと合うと言う事に気づいてからは、人にも教えを説いていかれています。知識ばかりでなく実践する事の教えは昔の人も同じでした。「五事を正す」このことは私はもちろんですが、全ての人の心がける大事な意味が書かれていました。
地場の蕎麦と山菜の天ぷらの昼食の後は、市役所に入って勉強をしてきました。まちづくり活性化の取り組みについては、主に大きな自然を持つ高島ならではの事業が見られ、他市からの人の導入をうまく考えて、永い広い面積の中でのやり方は、草津とは違っていることもありますが、取り組みの手法はいただける点もありました。他市の議員との交流はすごく勉強になります。遠い所までの、往復に、綺麗な偉大な琵琶湖を見、山も見られ、自然の癒しは滋賀県人としては有難いことだと思いました。
議会の概要もご説明いただき、草津の議会改革にも参考に出来る点もありました。議会の傍聴者の数が多いことは、良い事だと感じましたし、草津でも市民参画はまず、傍聴から始めていただけることをお願いしたいと思いました。
夕方帰宅して又、次の仕事にバイクで走りました。
posted by fusako at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 議員活動のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14024492

この記事へのトラックバック