2015年08月29日

解散その後ろには

007.JPG

今日のニュースに「対話でつなごう滋賀の会」発展的解散

初めての市議選挙に出馬の時以来、「対話の会」にはご推薦をいただき、直接元嘉田知事にもお世話になっていました。
そして幹事も務めていましたが、知らされない内に嘉田さんが国政に向き、小沢さんと動き出され、「対話の会」の中では議論が紛糾した場面もありました。

対話の会」が、政策集団ではなく「地域政党」を名乗ってHPに出た時は、驚きでした。
それを機に、「対話の会」の運営自体に意見の相違や課題もあるなど、私の中では解決に至らず、市民派の姿勢を貫く市議がどっと退会していました。

初代寺川代表と、次期清水代表の交代劇も見ました。
先に「対話塾」があったのですが、対話とは、距離を置いて嘉田さんが「未来政治塾」を、全国へ向けて新人県議らと新しく設立され、嘉田さんが初当選からかかわっていた市議は、協力の形で理解し直接かかわっていませんでした。

この記事だけでは、県民のみなさまにはきちんと伝わっていない節が伺えます。
しかし、発展的解散ということで、県議を中心にした取り組みには大いに期待し、ご尽力をいただきたいと思っています。

「維新の会」も動きがありますが、新しい集団をリードする、人格者と、豊富な経験と知見、知識等々が人を引き付けると思います。
今回草津市議選に予定される中に「維新の会」のポスターを見ます。
地方自治体の議会の中では、政党に属さなくても市民にとってどうなのか、リベラルな姿勢で、公平公正を基本とすれば、拘束されないで活動ができることは、動きやすくて物が言いやすいと思っているところです。

いつも、無所属で出馬されても某政党員さんが多く、その後の動きは某政党に添っていらっしゃいます。

私は正真正銘の無所属でおります。
posted by fusako at 10:48| 議員活動のこと