2016年07月21日

リメイクな和服で

戦後の生活の様子が朝ドラから見えます。

今日の和服を直線縫いにした洋服は、湯上りに流行った「ムームー」と言ったシルエットになっています。

今では「いわゆる嫁入り道具」の和服を着なくなってリメイクされて、高価な物となっています。
嘗てファッション界で仕事してきたので、着る物は和服を潰し仕立て直して着るようにしていましたら、教えてという方々がおられ、出馬前はワイワイ話せる場にして自宅で集まってやっていました。

縫うことはプロではありませんが、縫えないとデザイン画は書けず、製図も引けないので、一通りは習っていますのでパターンは今でも起こせます。
設計士さんが現場で仕事しないで、製図を引くようなことに似ていないかと思いますが・・・

直線縫いばかりのデザインではラフなものなり,TPOにそぐわないこともあり、デザインを考えて着るようにしていますが、公人の着る物にはいろんな声がありますので、配慮しながら使っています。
「リサイクルして、大切にしてるんやといえばいいやん!!」とおっしゃる方もありますが、出来るだけ他にエネルギーを使うのは避けています。

専門学校で教わって企業へ入っても、すぐには技能は間に合いません。直接生地に「チャコ(チョーク)」で製図を引いて裁てるほどでないと時間が無駄です。また生地を直接ボディに貼って裁断する、立体裁断が強い武器です。
売り場では生地を巻きつけてディスプレイできるピンワークの腕も職場で先輩の技術を見て盗んで学びました。
売り上げに左右される昇給は厳しいですが、やりがいはありました・・・・しんどいでしたが、面白い仕事でした。

朝ドラを見てスタートです。
posted by fusako at 09:15| 日記