2017年02月26日

大けがした猫の行方は???

昨日昼過ぎに家の陽だまりに丸まっていた三毛猫が、野良なのにいつものように素早く逃げない。
何か私を見る目がおどおどしてるように感じる。
しげしげと見ると・・・

あれー!!!血が見える??
何々???
少し動いて縁の下へ行こうとするが動作が鈍い。
よーく見ると折れた骨が直に見え、皮で足がぶら下がってるようだ。

コワー、痛そう、、、、一瞬目が点になり、、、どうしよう!!!
直ぐに猫好きの家に走りました。
家の中で猫を飼うのが苦手で、、、息子らと同居できていないのですから・・・

近所へ知らせるとすでに怪我している猫のことはご存知でした。
朝、近所の車のボンネット???やらに入り込んで、ジャフを呼んで出した時に大けがして飛び出したとか・・・
何処へ行ったか気になっていたそうで。。。。

出かける時間が来たので後のことは、頼んでフェリエへ。。
帰宅すると同じところにいない。
聞きにに行っても御留守で、、、

夜報告に来てくださいました。
野良なので捕まえられなくて。。
親しい獣医さんとの話では、猫の皮は強くないので、ちぎれて足は外れるかも。
もう多量の血は出てしまってるだろうし、怪我の口から菌が入らねば、足が無くなっても生き延びられるとやら。
夕方、家と離れたところを歩いていたという。
でも捕まえられなかったと。

今朝、昨日のいた陽だまりには、猫の姿がありませんが、どこへ??どうしてるかな。
野良の治療はどうしたものかと、
近所の子どもたちも大騒ぎしているのを見ながら、出かけたのでとっても気になって、、
posted by fusako at 10:01| 日記