2018年05月03日

女人禁制

DSC_0573.JPG

雨がやんでお祭りは一日心配なく済みそうです。

朝からハッピ姿の人たちが出ていただき10時に御旅所からのスタートです。

小さな神輿と樽神輿が子ども会ではお渡りに関わります。
楽しみでしょうね。
昔は女子は関われませんでした。

国技の相撲では土俵に女性が上がることは禁じられているようですが、過日土俵上で倒れた方がいて緊急の命にかかわる看護師さんの心臓マッサージ中に「女性は土俵から下りてください」のマイクの呼びかけには、これは一体何を優先なのかと、命より伝統重視ですって??・身の毛もよだつほどに感じました。

地方の土俵にも、女子児童の参加は怪我をしないようにという配慮で土俵には上げないとか・・
男性も怪我はしますし、参加する女性は昨年は出てそれ以来今年の準備もして大きな体の子もいますので、なんだか変な配慮だなと・・・・

時代に沿えないことは検討して改善することが日常生活でも地域ではあるのでは??
伝統文化という文言にはなかなか触れられないバリアがありそうで・・・・
伝統文化の変遷は過去からありますから・・・
posted by fusako at 10:22| 日記