2018年08月27日

通告文作成は自分で  答弁は登壇時に

DSC_0799.JPG 
子どもの幼稚園の頃の団扇  小さいほうが妹 左のが長男のもの

見たら懐かしい?笑うかな???


まだまだ暑いのですが、今日矢倉の国道陸橋の交差点、伊吹神社の信号待ちの時に、待ち望んだ秋の気配が聞こえました。

ツクツクボウシの鳴き声が聞けたのです。この蝉の声が聞こえるとあと少しの我慢だと…ちょっとほっとした気分になれました。

毎年敬老会時分はまだ暑くてあつくて・・・・
今は、お弁当は配らないでクレアホールの催しになりましたが、食中毒を心配したものでした。

9月議会といってもまだを暑いのでクールビズの服装です。

隙間の時間で質問をこまめに作ります。
その間、頭の中はいつも気になって、メモはこまめにとりながらです。

自力で通告文を作製するのはもちろんですから・・・・通告は質問の概要で入口であり、答弁をもらってから後の再質問から堀さげられるかが議員の力だと思います。

昨年他市の議員が書くブログ「質問の前に答弁をもらって登壇する議員」を掲載しましたが、、、書いてもらったり先に答弁をもらったり、こんなことではなぁー
市民のみなさまが選んだ方がこんなことをしてるとは???
どのような選挙戦を繰り広げられて、当選されたかしれませんが、選ばれて税金をいただく身で、主権者さんに申し訳ないと思います。

posted by fusako at 22:41| 議員活動のこと