2018年09月17日

敬老の日

DSC_0897.JPG

祝 敬老 

まち協から記念の手ぬぐいと500円の商品券をいただきました。
手ぬぐいには、矢倉の記憶絵のカットが何か所かに印刷してあります。
敬老会はありません。

私も74歳の半分が過ぎますが、お陰様で健康でまだ議員としての活動をさせていただいております。
来年には、免許証の切り替え時には認知症の検査も受けなくてはなりません。
まだ、持ってなくては仕事になりませんけれど、免許証がなくなると、今までと違ったものが見えるでしょうからそれなりの活動ができるかもと思っています。

市議会では最高齢で、息子らと同じ年齢の方やそれよりお若い方と、親御さんが私より若い方々とご一緒に・・
多様な市民が議会へ出ることで多様な実体験を持った意見がでると思います。
必ずしも女性ならまた若いなら誰でもいいとは思いません。

12日から3日間の質問では、地域の課題を取り上げる方や、議案に関して、また日ごろテーマとするところ、市全体にかかることなどの質問でした。

町内会の要望やまち協の要望はそれぞれの団体から申請、要求されますので、議員はその代行ではないことを心がけています。

地域に偏ると議員がいないことで町内や学区に不公平な対応となってはいけません。
課題があれば、議員はそこの地域だけではなく他の地域にもないかを見て解決に動いていくことではないかと思います。

明日から常任委員会が続きます...
posted by fusako at 09:40| 日記