2018年12月04日

議場は朗読会?

IMG_9358.JPG ロクハ公園

夕方から出かけると冬場に雷がなって雨が降って( ^ω^)・・・

今日は膝に注射をしたのでお風呂に入れないので、夕食後に早めにパソコンに向かって明日の質問の準備で追加のメモを入れています。

通告に対する答弁がどう出るかで再質問の掘り下げ具合が違ってきますので、あれこれ考え中・・・です。

勿論関連で入るのですが、
「通告以外の質問をされたではないですか。。。」と執行部から終って言われたことがありました。
しかし
「議長は止めていませんでしたよ!関連で再質問をしていますから・・」。

通告文と答弁の読みあいっこだけでは、議会は朗読会ですから・・・
学芸会とおっしゃる方もありますが、学芸会なら暗記して舞台に上がっています、読み上げはしませんから、児童に失礼かと思うのですが・・。

片山善博さんは鳥取県知事時代、答弁調整を廃止し、議会側と丁々発止の議論を行ってきた実績がある。2007年には地方議会の現状について「ほとんどの自治体の議会で八百長と学芸会をやっている」とした上で「一番ひどいのが北海道議会だ」と述べた。「北海道議会の現状を十分理解しない一方的な発言で、非常に遺憾」とする抗議文を分権委に提出した。という記事がまだ残っているが・・・

さっき通告内容の確認とメモを入れて印刷しようとしたら、アクセスが遅くてドキッとしましたが、何秒かのちに動いて印刷ができてほっとです。
私には機器の不具合が一番苦手なことです。息子にパソコンの不具合や教えてもらうのには、休日ですから1週間後迄待つことになっています。もうやだ〜(悲しい顔)

明日に備えて・・・


posted by fusako at 22:45| 議会のこと