2019年02月26日

執行部が複数で取り囲み詰め寄り

今地方議会の女性議員が活動する中で、執行部からの圧力に対して皆さんはどのように自分を守っておられますか??

そのようなご相談メールが来ました。
ほとんどが、市民派の議員ですので大きなバックはありません。

執行部が複数で取り囲み詰め寄り女性議員の活動を阻止しようとしていることが文章から読み取れます。
議会事務局や議長にも伝えておられます。

ここで今いう、パワハラになるか、相手は複数で自分一人で、しかも録音がなければなかなか証明ができません。1期生の議員ですが、心強い方です。

傍聴に市民を多く入っていただくことで問題を上げることもできるのではという助言もあります。

また、報道関係にも出してはどうかと、、、

急いで表立てるとこれから今後の自分の動きがますますしんどくなるのでは?

黙って引き下がれば、やられたことが繰り返しになるから対応はすべし・・と。。



市民の常識が、行政や議会とは違う?訴える女性議員がそんな思いを持っていらっしゃるようにメールから読み取れました。
いろんなことがあっても凹まないで欲しい、あなたを押し当選させきちんと見ていただける市民がいますから・・・
時間がかかりますが耐えて頑張って解決へ!!

議員の社会倫理にかける言動は、法に沿って対処します。

応援してくれる仲間がいても基本は議員個人で身を守るしかなく、人道的社会的良識が原則ではないかと思います。
posted by fusako at 11:04| 議員活動のこと