2019年03月14日

何を目指して、政治屋??

IMG_0083.JPG

日経グローカルに掲載された過去の記事を再度見ています。
会派を廃止したのはかれこれ8年半前の鳥羽市議会です。

元鳥取知事で片山善博さんが(慶応大教授)あちこちで講演されたりすると、追いかけ、また元我孫子市長の福嶋浩彦さんの学習会にも参加して「議会とは議員とは」等々を勉強しました。

市民にとってどうなのかを考えて無所属を通しどこの政党にも偏りません。
誰の提案か?どこからの提案だから通すとか、通せないとか???

私にはその感覚が政治信条にはありません、自分の意に反する内容で、追従したりしませんし、私が政党がらみだったら、はみ出ることが多々あるかもしれません。

これから統一地方選挙にいよいよ入ります。
笑顔で感じよく、、、、手を振って。
候補者の人格が、わずかの選挙期間の言動から、きちんと見えるはずがないと思っています。

議員に限らず、人は節操のないことはできません、
いわゆる政治屋の方向に流されないで市民・県民・国民向いてを心に持っています。

現職は何をしてきたのか、また何を掲げているのか、
予算を持たない議員の立場ではマニュフェストは立てられませんから・・・

訴えることが一番で、連呼は不要ではないかと思います。
固定電話が少なくなっている折、電話作戦も迷惑電話になるのでは???

議会は25日の閉会迄続きます。
posted by fusako at 18:15| 議員活動のこと