2019年04月20日

冤罪の防止


冤罪の防止と救済
 〜滋賀の事件から考えるこれからの刑事司法〜

IMG_0575.JPG IMG_0578.JPG

基調講演  ジャーナリストの江川紹子 さん  「すみやかな雪冤のために」
    
再審事件報告 日野町事件    玉木 昌美 弁護士   当事者遺族
       湖東記念病院事件 井戸 謙一 弁護士   当事者

パネルディスカッション
      江川 紹子 さん
      笹倉 香奈 さん  (甲南大学法学部教授)
      成田 嵩憲 さん  (中日新聞記者)
      井戸 謙一 さん   滋賀弁護士会 
      玉木 昌美 さん   滋賀弁護士会

コーディネーター
      杉本 周平 さん   滋賀弁護士会

IMG_0581.JPG IMG_0582.JPG

1時半から4時半まで、重い内容でしたが、いい勉強の機会となりました。

誰がいつ突然に逮捕されるかもしれない、冤罪に怖さを感じます。
逮捕と同時にマスコミが容疑をかけられた人は、もう犯罪者のように作り上げる報道は尾を引きます。
誤認逮捕となれば、検察も引っ込みがつかなくなり、マスコミの雰囲気も変わり報道されなくなる傾向にあります。

逮捕された後に、いち早く弁護士をつけることが重要です。
刑事司法の間違いがあっても、認めたくないという過去からの組織の体制で、人が人の人生を貶めることになってはなりません。

正義感で就いた職も、職場の中でいつの間にか、自分の上を見るようなことで、人を裁く立場となられてはたまったものではありません。

取り調べの可視化、弁護士同伴の調書作成などができることで、これからの冤罪防止の一つのようです。

冤罪救済組織の公的機関がないので、法整備をするには政治家の大きな課題です。

再審が難しいのは新証拠を出さねばなりません。
その条件があり、時間と 資力、支援者、強い心など、長きに分かって必要ですが、大方ボランティアの弁護士の力でもって、再審がかなえられた方もいらっしゃいます。

自白だけで、証拠が整わないままに進むことでは裁判官によって大きく異なる結果も出ます。
裁判官・弁護人・検察官の3者協議をどうするかがカギのようですが、今では手続き保障が整うことが難しく再審が困難です。

その上、検察と警察が近いところにあるのがよくありませんという事です。

重い内容でメモってきましたが、いい勉強ができました。
アメリカではいったん無罪になれば控訴はしないことだそうです。

近い憲法記念の日にちなんで、勉強をする機会を得られました。


posted by fusako at 20:31| 議員活動のこと