2019年04月30日

天皇陛下の退位

IMG_0662.JPG

天皇陛下の退位関連儀式の報道がなされています。

今回の天皇の「退位」・「譲位」?・・・この意味は?
今日を機会に、皇室典範にある象徴天皇のことをもっと知るべきと思っています。。

学校では年間の休日の意味をどのように教えて休みを迎えたでしょうか。

この件で11月議会に登壇しました。
質問内容と答弁も「宇野ふさ子ネット」に掲載しておりますので、ご覧下さいませ。

今朝の京都新聞の投稿欄には、「皇室費に疑問 年金に回せ」の見出しや、「象徴天皇・・」など、昔はこのような内容を出せることもなく、また報道でも自由に書けなかったと思います。
しかし、表に出ない報道の制約?制御等々、動きにくさもある中,公共報道機関のNHK問題にかかる警鐘を掲げる団体の活動もあります。

小学校の時、戦後10年位も経つのに、お召列車が駅を通過するので、学校から並んでお迎えにホームへ行きました。
先生の号令で、通過時に頭を下げて、お顔を拝見することなく、列車の音が過ぎました。
今は、カメラを向けても、お咎めはありません。
昔は洗濯物を列車から見えないように、上から通過を見ないよう「おふれ」があったようです。

1948年7月20日、「国民の祝日に関する法律」(祝日法)の施行によって「祝祭日」の呼称は廃止されています。
しかし、いまだに「祭日」とおっしゃるのを耳にすることがあります。
「祭日」の呼称もなくなったことを今でも認識低い方もいらっしゃるようです、その上政治と皇室の分離はいまだ難しいようです。

今日を機会に「象徴天皇」を再度理解することではないかと思います。
posted by fusako at 10:48| 日記