2019年05月30日

もう失言の範疇ではない

IMG_0894.JPG

桜田前五輪相の発言でまたまた・・・

「結婚しなくていいという女性がみるみる増えちゃった」

少子化問題に言及し「お子さんやお孫さんにぜひ、子どもを最低3人くらい産むようにお願いしてもらいたい」と来場者に呼び掛けた。

こんなご挨拶をされたという報道があります。ほとほと、国民はあきれてないでしょうか。

誰かを傷つける意図はないって???
この感覚が分かりません。
人様から指摘されるまで何も感じられない??困ったものですが、この方を選んだのは国民ですから・・・


選挙のたびに何を基準にして投票されるんでしょうかと思います。

主権者が自治力をつけることで社会にかかわり、そのまちが変わると思いますが、誰が議員になってもおんなじ!!即効性をおっしゃる方が多いですが、時間がかかりますが、適任者を選び続けることが大事かと思います。

どの選挙でも、選挙期間に
「優しいまなざしでこっち向いて手を振って、走ってきて握手してくれはったし・・。」
とか、
「また頼まれたし。。」

けれどその候補者の決意、未来を見すえた考えかたはどんな??
候補者を知らなくても、情報がなくても、頼まれると投票するんですって・・・ふーん??????
選挙ってそんな軽いものではないはず。

誰がやっても、、かわらない!
あきらめない、たゆまぬ活動から
適任者を選び続けることで社会は変わってくる。

最初は少数意見から過去から多くのことが変わってきています。
多数決よりも話し合った上の合議も重要ではないかと強く思います。



posted by fusako at 18:03| 日記