2019年08月13日

教科書採択で  人づくり

教科書は児童生徒にとっては中立であり、真の民主主義を教えられるものでなくてはなりません。
教師の教科書の使い方によって小さい頃に刷り込まれる可能性があります。
教科書を教えるか、教科書で教えるこの違いをご理解いただきたい!!!

まちつくりは、人つくりでもあります。これは橋川市長も同じように掲げておられました。
長年のPTA活動を通して、教育委員会が見え行政が見えて、そこをはじめとして社会参画し、疑問や意見をもって今に至るのですが、教科書検定・採択の経緯等の公開については、議会でも何度も質問しています。


市町教育委員会の会議は公開されているにもかかわらず、県教育委員会の採択の会議は未だに公開されていませんので、現在市民団体などが公開を求めています。

県教委の開催の案内をご覧いただき、傍聴にお願いします。残念ですが私は選挙事前であり、行けない分皆さんでお願いします。

県教育委員会の開催について

日時:令和元年8月21日(水曜日) 午前10時から
場所:県庁新館4階教育委員会室

内規である傍聴人が要綱に13名が明記されているので、具体的理由がないと改正しにくいかもしれません。
大勢が関心を持つことで今後具体的に検討する余地(会場設定も含めて)があるとのではないかとみています。
(今回はオーバーすれば抽選があります)
大津市教委では大勢が傍聴し椅子を増やします。


posted by fusako at 10:01| 議員活動のこと