2019年08月21日

苦手をアニメで超えた

アニメで子どもの限りない夢を・・・また未来に託す希望を

NHKでアニメで化学や文化を知るきっかけができた例を紹介されていました。

我が家の子育ては、本好き、文字好きにすることと、自然の中に触れさせる機会を増やしてきました。

公文へ行く子は、九九がスラスラ言えるので、不得意だった息子は
「僕は算数があかん」しょげていました。歌のように言える子に比べ言えなかった子には、九九の成り立ちを教えると言えるようになりました。
5年生位に、分数や割合が出た時は、漫画を探してきてそっと置いておくと興味を持ってきました。
それで理解ができ乗り越えました、
本好きから文章題が得意で算数ができることを知り、自信につながり、テストはいい点数でした。

昔、漫画を読むのはマイナスと言われてましたが、今は内容が豊富なようです。

夏休みの読書課題は決められたものを読むことは、興味ない本ではしんどいかも・・・
言わなくとも相当の本は読んでましたから、何を読んだか記帳するように言われても書き込まないから、他の子よりも少ないと思います。

自分で楽しめる読書が身につくと思います。
夏休みはあと1週間くらい,謳歌してください。

posted by fusako at 09:34| 日記