2008年10月03日

僅かな金額でも、筋通す

毎年行われる人権の集いが、一年に2回野路の県立芸術創造館でありますが、人権擁護推進協議会が主になって、計画を立て予算の使途について検討をしています。この委員には、会議(2時間程度)など出席ごとに毎回報償費が支払われ、(6500円)振り込まれます。私は人権擁護委員なので、この会のメンバーです。
そして、つどいの当日は11時頃から資料作りなど仕事をします。早めの昼御飯をとって受付などしますが、昼食代がこの日の事業経費の中から、賄いとして使用されています。疑問を持っていましたので、委員会要綱に沿い報償費を頂きながら、まだ経費の中から食費を計上することはやめる方へと委員会で2年位前に提案しましたが、来年に検討しますと・・・その後欠席したりしていますので経緯は分かりませんが、審議されたか?もう何度も事業がおこなわれ、食事は自分でするものが当然のことであると思っていますので、私は自前で食事をしています。
弁当をお断りして、最初は自分で弁当を持参しましたが、皆と同じ部屋で食べにくいので、同じ弁当の斡旋はお願いし、支払っています。同じ委員さんに事業の経費からいただくことはやめましょうと、呼びかけにくく、私だけと思いますが断っています。
食事は何処でも自分で食べるのが基本ですし、その上報償費を頂いています。市の事業に関わるボランティアさんはお茶もご飯も自前ですが、ボランティアの方にこそお茶くらいもてなしがあっても良いと思い、一般質問をしたことがあります。
私は、集いの昼食はおもてなし?では無いと思っていますし、事業経費から、800円のお弁当は金額に関わらず、自分の食は自分で賄うべしと考えています。
posted by fusako at 19:47| Comment(0) | 雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: