2019年05月05日

夏野菜

IMG_0644.JPG

長い連休もあと二日
7日の朝からは会派会議で、9月議会の決算審査について協議します。

昨日は暑くて、すっかり夏物を出し、厚手は片付けたものの夜は冷えるので、工夫して体調管理をしないと・・・。
昨年にどっと衣類の整理をしたつもりでも、今まだ着なかった厚手があります。また残したらずーっとそのままに(笑)
古いものでも着方次第でうまくこなせるようにしています。
20年位着続けている間のコートですが、これが便利で手放せません。体系?それが着られるんです(大笑)
ネットに入れてポイ!
洗濯機で洗えるので楽ですし、色もお気に入りで、デザインも遅れてないし・・・・

夏野菜の苗が店頭に並んでいます。
量販店では多くの中から自分で取り出せますが、そっと丁寧にしない方が要いるらしい、、そんな後が見られます。
少しだけ買ってきて、水やりして置いたらしゃんとしています。
これから、苗をいつのもお店で買ってきて、夕方に植えます。それまでに、先日息子に土をひっくり返してもらっているので、畝を整えます。

レタスも終わり、ネギは終わったし、、、今は青菜がないので、買ってますけど、買うのは大儀に感じます。虫の穴がないキャベツは消毒してなければ、こんなにきれいにはなりませんから・・・
毎日食べ続けはしませんけど、、、、、

posted by fusako at 10:30| 日記

2019年05月04日

日本人女性の人権

40年くらい前、女性史を学ぶはじめは、「ベアテさん」からでした。

ベアテ・シロタ・ゴードン(Beate Sirota Gordon)さんは、GHQ民政局員として日本国憲法草案作成に携わり、第14条「法の下の平等」、第24条「両性の平等の原則」の条文を作成しました。1990年頃からは、日本各地で講演活動を活発に行いました。

ベアテ・シロタ・ゴードンさんの展示会

4/26〜9/30まで、国立女性教育会館女性アーカイブセンター展示室へ近隣の方々
ぜひ、見に行ってください。(^_^.)
posted by fusako at 11:28| 日記

憲法記念の日を機会に

IMG_0745.JPG

新聞報道の言論が標的になり、新聞支局襲撃事件が32年前にありました。

今、天皇代替わり後の報道は、祝賀一色のようで他の意見が言いづらいという空気を感じています。
日常の中でも、皆と違う意見を言うには勇気がいるし、その後を思えば何も言わずに黙っておく、これが続くと、元た道を繰り返すのではないかととても怖い気がします。

小さい時から「みんなで仲良くしましょう」とはいっても苦手な子もいます。
みなと何でも同じことができるのがいいばかりではなく、声かけ助け合いができ、迷惑をかけないで行けるように・・・

京都新聞の朝刊にも、掲載されていますが、護憲派の講演会に参加した大学1年生の女性が「日本人として一つになれるものがあるのはうれしい」と・・・うん?ほんまはどっちなん?ふーんそうなんだ、

現憲法が「押しつけ憲法」?
そうではないことを、もっと学習できる機会を設けることが必要と思いますが・・・

一般参賀には、相当の人が集まっていらっしゃいます。
暑いので十分にお気をつけられますように。

雅子皇后にはお世継ぎの男性を生めることがプレッシャーとなったことは否めません。
女性天皇の検討はどうなるのかと。
天皇・皇族の方々の人権は?



posted by fusako at 11:04| 日記

2019年05月03日

お渡り

お祭り

御旅所を出発して、シャンヤレを前に、その後に神輿が三車

IMG_0721.JPG IMG_0724.JPG

子ども神輿二つと大人用は担ぐ人が少なくて、肩が痛そう。。
大変そうでした。

IMG_0728.JPG IMG_0727.JPG IMG_0731.JPG IMG_0736.JPG

小宮さんで休憩には、子どもらはジュースを
お神酒を飲むと暑そう、でも「飲まなやってられへんわ・・・」って、お疲れ様

IMG_0733.JPG IMG_0743.JPG

皆さんありがとうございました。

posted by fusako at 21:33| 日記

NHK 討論 憲法記念特集

NHKの討論の内容を聞きながら抜粋を羅列します
番組初めから見てないので、偏りがあると思いますが、、、、


各政党から一人づつ参加


最高規範の日本国憲法は国民を縛るものではない  
   権力の暴走を縛るもの   国民の主権在民を意味し国民の権利擁護するもの

改憲を政治家がゴール・スケージュール感ありきで、誘導するものではない  
改憲前提の議論は望んでいない

改憲よりも、憲法に対する現実の理念を変えることが一番 
現行憲法で実現可能なものでありで加憲しなくていい 改憲必要ない 
政治はリアリストでなければならない

公民の教科書の内容に触れている自民

日本の憲法はハードルが高い改正条件がある  
各国では改正回数が多いが、日本は改正していない 内容に触れないで72年経って時代に即したものであるべき
外国の憲法と日本国の憲法は性格が違い、改正することは必要ない 

野党を加えた審議のうえ改正案を出す 憲法改正へ意見を出し合うべき。
賛否を促す 
国民投票の公正性 国民投票法の改正

26年に改正の要否についての検討してきた、なんでその協議を踏まえて現行法を優先していないのか

国民の多数が審査会における審議に関心を持ってもらいたい 
9条の議論を憲法審査会で行うことを国民に知ってもらいたい
憲法審査会は発議する場所
憲法審査会  メンバーに政党に偏りがある
審査会委員のメンバーがどうなのか 選出はどうなのか

国民の支持はあるかどうか  まずは改憲の支持はどうなの
議論を審査会ですべきと国民は言っている

IMG_0714.JPG

私見
額ににじみ出る汗、野党の発言に与党側の汗は暑くて流しているのか、そうでないのか?
論理的に述べる野党議員と、72年も前の憲法でいいのかどうかは、古い上着を脱ぎ棄てるような感覚で扱えないものであり、他国の憲法改革回数を強調してもその内容が伝わってこない。

現行憲法で実現可能なものを、あえて加えるという手法で9条に書くとは??

一番重要なことは
最高規範の日本国憲法は国民を縛るものではない  
   権力の暴走を縛るもの   国民の主権在民を意味し国民の権利擁護するもの

と思う。

posted by fusako at 14:16| 日記

有効な時間に 後半の休み

IMG_0709.JPG

昨夜、市民活動で守山へ
帰宅時は寒かった

休みでも活動は変わりません。

今朝はゆっくりと起きて、寝具干して
地域のお祭り

こども会では、渡業の準備等々に早くから出ていただいています。
お天気よし、いつも神輿を神社へ納めて帰り際ぎりぎりに雨が落ちることが多くて・・・・
連休も後半
家族そろっていい時間を!!

posted by fusako at 10:10| 日記

2019年05月02日

畑の自家製で

IMG_0686.JPG IMG_0687.JPG

今日、初めて、スナップエンドウの収穫をしましたが、まだもう少しおく方が実が太くなりそう。

IMG_0688.JPG  

ジャガイモの脇芽をとって肥料をやってだんだん大きくなってきました。
根っこの土寄せをして、芋がむきでないように。

夏野菜の苗をまだ買っていないけど、近所の種屋さんが閉店したので、遠くへ行かねばならず、量販店は聴いても応えられない店員さんらが多いので、個人のお店へ行きます。

休み中には植えたいのですが…

posted by fusako at 17:59| 日記

ご案内  ジェンダー研究

公開シンポジウム「横行する選考・採用における性差別統計からみる間接差別の実態と課題」
http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/273-s-1-2.pdf

主 催:第一部社会学委員会ジェンダー研究分科会

日 時:平成31年6月8日(土)13:30〜17:00
場 所: 日本学術会議講堂
参加無料、申し込み不要

開催趣旨:
東京医科大の不正入試問題は多くのひとびとに衝撃を与えた。公正であるべき入試においてこんなあからさまな性差別が横行しているのか、と。その後の文科省の調査によれば医学系大学の女子の「入りにくさ」は男子の1.2倍に当たると発表された。応募者と合格者とのあいだに統計的に有意な差を証明することができればそれを間接差別という。
教育の場の選考ばかりではない。男女雇用機会均等法が募集・採用の性差別を禁止してから30年。当初は努力義務だったが、97年改正で禁止規定となったが、採用結果を見ればあいかわらず男子の採用に偏る傾向がある。個別には直接差別を証明できなくとも、ここでも応募者と合格者とのあいだに有意な差を認めることができるだろう。公正であるべき公立学校、公務員、そして、それを報道するメディア…の世界に、あってはならない性差別的な選考が横行していないだろうか。
誰もが知っていそうで暗黙のうちに既成事実化している現状を、データから明らかにし、課題と対応を検討する。

プログラム:

   総合司会 小浜正子(日本学術会議連携会員、日本大学文理学部教授)
13:30 開会挨拶 上野千鶴子
        (日本学術会議連携会員、認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク理事長)
13:40 報告@ 医学部入試における性差別
      対馬るり子(対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座院長)
14:00 報告A 民間企業採用人事における性差別
      大沢真知子(日本女子大学人間社会学部教授)
14:20 報告B 教員採用における性差別
      河野銀子(日本学術会議連携会員、山形大学地域教育文化学部教授)
14:40 報告C メディアにおける採用差別
      林香里(東京大学大学院情報学環教授)
15:00(休憩)
15:20 パネルディスカッション

司会   本田由紀(日本学術会議第一部会員、東京大学大学院教育学研究科教授)

パネリスト
報告者全員
     八木洋介(株式会社people first 代表取締役)
     治部れんげ(ジャーナリスト)
     江原由美子(日本学術会議連携会員、横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院教授)
16:50 閉会挨拶 遠藤薫(日本学術会議第一部会員、学習院大学法学部教授)
posted by fusako at 09:26| 日記

2019年05月01日

人格否定・・・

IMG_0714.JPG

テレビでは、天皇陛下即位関連の報道が多く、過去の雅子さまの出産後の映像を見てジーンとしました。

お世継ぎを期待されるプレッシャーがあったのでしょう。
大きな負担があるのは、一般の女性以上にたいへんなお気持ちだったと思います。

新生児を胸にされたときの思いを、声を詰まらせ、震わせながら読まれる記者会見の時に、当時の皇太子さまが背中をトントンと優しくされる姿には、本当に胸が痛くなりました。

子どもを産まない選択があり、又産めない方もいらっしゃいます。
しかし、とんでもないことを言う政治家も過去から何人もいましたから。。。
誤解を招くようなら発言を撤回するという事もありました。

事実ではない報道等では「人格否定をされるのは・」・・
と記者会見で皇太子当時にこのようにおっしゃたのは、「全力で雅子さんを守る」と言われたことがこの発言だったのかもしれません。

事実を確認できていないことまで、盛って書くのではないかと思われます。
体調を崩されてから、今では公務に出られる機会が増えていますが、ご無理なくなさっていただきたいと思います。

私らも身近なことでも多かれ少なかれ耳にして不快なことはあります。それを聞いた方がどう判断されるか、信用されるのでしょうか?

名指しで、人様のことを言うその行為はどうなのっていつも思いますし、話題を変えるようにしています。
もっと違う話題でその場がいい空気であるようにと・・・




posted by fusako at 23:52| 日記

可憐な花

IMG_0642.JPG IMG_0713.JPG

IMG_0708.JPG

山野草が咲く春先 
今年は不順な気候で、よそさまの玄関先の鉢にも目が行きます。

3日はお祭り。神輿倉には扉が開かれて
IMG_0710.JPG 
あすからは晴れそう。少々肌寒く感じます。


posted by fusako at 22:21| 日記

新元号初日

IMG_0689.JPG


雨の朝 東京は晴れています。 

新元号初日

天皇即位の一連の儀が執り行われています。

60歳を前に即位されました。
一般では定年の年、これから天皇の席を担われます。
posted by fusako at 10:39| 日記

2019年04月30日

高齢者の栄養バランスが

IMG_0644.JPG


家にある蕗が、3日のお祭り頃にはいつも食べごろになり、筍の添えとして煮付けます。
春先には蕗の薹を天婦羅や、味噌を作ったり、お汁に香りとして最後に入れたり使っています。

若い人の中には蕗を茹でて皮向いて味付けするような手間物はあまり調理されないかもしれません。
でも、私は蕗が好きです。

昔からのおばんざいが口に合いほっとします。
年を重ねてもお肉は好きですが、油物は控えています。
私ら位の女性は、家事は女性の仕事としてきたので、それなりに工夫して自分流の惣菜があります。

子どもらにもそれなりに、添加物を考え、手作り物を食べさせてきましたし、あんまり外食をしたことはありませんし、テンエモン(出前)をとることも、あまりしませんでした。

子どもらは私の家は節約して外食もしないし、外からも取らないのだと思っていたと大きくなってから、聞きました。
今は多くの家庭で外食が増えています。

まして、一人暮らしになると弁当を買ってきたり、面倒な調理はしないでもすみますが、男性は特に妻に先立たれると、バランスよく食べないので食生活が崩れる方が増えていると聞きます・・・

子ども食堂が最近開かれるようになりました。
高齢者の栄養失調が出てきたのと、男性の外に出る機会を作ろうと・・・そのために大人のカフェを作って、そこでご飯も・・・そんな動きの中で、こんなことを言う人がいらっしゃいました。

男性は自分の身の回りを、妻に頼って自分でしてこなかったからなんだ、それは身勝手なこと
今大人のカフェで賄うなんて。。。
食事は必要ない、お茶で交流の場ならいいけれど・・・
このようなお話も一理あるかな・・・・そんな思いがしましたが・・・・・
posted by fusako at 21:54| 日記

天皇陛下の退位

IMG_0662.JPG

天皇陛下の退位関連儀式の報道がなされています。

今回の天皇の「退位」・「譲位」?・・・この意味は?
今日を機会に、皇室典範にある象徴天皇のことをもっと知るべきと思っています。。

学校では年間の休日の意味をどのように教えて休みを迎えたでしょうか。

この件で11月議会に登壇しました。
質問内容と答弁も「宇野ふさ子ネット」に掲載しておりますので、ご覧下さいませ。

今朝の京都新聞の投稿欄には、「皇室費に疑問 年金に回せ」の見出しや、「象徴天皇・・」など、昔はこのような内容を出せることもなく、また報道でも自由に書けなかったと思います。
しかし、表に出ない報道の制約?制御等々、動きにくさもある中,公共報道機関のNHK問題にかかる警鐘を掲げる団体の活動もあります。

小学校の時、戦後10年位も経つのに、お召列車が駅を通過するので、学校から並んでお迎えにホームへ行きました。
先生の号令で、通過時に頭を下げて、お顔を拝見することなく、列車の音が過ぎました。
今は、カメラを向けても、お咎めはありません。
昔は洗濯物を列車から見えないように、上から通過を見ないよう「おふれ」があったようです。

1948年7月20日、「国民の祝日に関する法律」(祝日法)の施行によって「祝祭日」の呼称は廃止されています。
しかし、いまだに「祭日」とおっしゃるのを耳にすることがあります。
「祭日」の呼称もなくなったことを今でも認識低い方もいらっしゃるようです、その上政治と皇室の分離はいまだ難しいようです。

今日を機会に「象徴天皇」を再度理解することではないかと思います。
posted by fusako at 10:48| 日記

2019年04月29日

鯉のぼりとお雛さん

IMG_0634.JPG


ご近所さんの鯉のぼりが毎年こんなして挙げておられます。
高く上げるのと、横に並べたり。。。
全国各地で、不要な家の鯉のぼりを皆が出してなびかせているところがあります。

家の屋敷が広くて、挙げてもどこにも当たらなければいいのですが、だんだんと鯉のぼりを見なくなっています。
IMG_0559.JPG


男の子が生まれたら鯉のぼりを挙げていましたが、申し合わせで生活改善からやめようというところが、草津市内であります。

男の子が生まれると、生んだ女性の里から鯉のぼりを、又女の子が生まれるとお雛さんを準備し贈るのが慣例でした。
今そのようなことをされることは少ないのではないでしょうか。
住む環境が変わり、飾る場所がないことと、それを飾るにはしきたりもありますので・・・・

過去では男ん子を産んだら,いわゆる嫁さんは鼻高とか?変なの!!
今では、女の子を生んで老後は娘夫婦が帰るケースを望む人が増えてきていますのは、やはり介護は女性の仕事??
自分の親の近くへ女性が来て、親を看ることができても、夫の親はどうするの??

子どもらが独り立ちした後の親が亡くなって家を解体するところをちょくちょく見ます。
昔のように、親と一緒に生活することは少なくなり、仕事の都合で、皆が親の家から通勤できる人ばかりではありませんし・・
二世帯で住む方々もいらっしゃいます。親子が近くで互いに助けてほしい時に、支えられる関係が望ましいですが、かなわない方もあるなど、それぞれの生き方ですから・・・・

高齢者の独りくらしでは、普通のマンションでは貸してくれなくなってきたと、聞いています。

posted by fusako at 21:30| 日記

夏野菜の準備

IMG_0562.JPG 草がいっぱいの放置した田んぼ

これから、草がどんどん伸びていき背丈位になることも・・・
道から玄関まで丈の長い草で、足の裾が雨の日には汚れそうなところもありますが、そこまでならないように気を付けてますが、たーい変!!!

雨が近いので、土に石灰をしみ込みこませて、連作を避け土の改良・・
夏野菜を植えようと、午前中に土を掘り返し始めました。
連休中に息子に頼んでいたのですが、土が軟かそうだったので、スコップで少しづつ掘っていたら、息子が出てきて残りを全部ひっくり返してくれて助かりました。

ミミズが細い糸みたいのから、太いものまで見えるので、まだ、今もいい土のようです。

夏野菜を毎年ゴールデンウィークに植える方が多いです。
今回は、今土をひっくり返したので、落ち着くまで1週間くらい置いてから、植えます。

キュウリ・ナス・唐辛子・トマト・などなど・・
生き物ですからこれもうまく取れますかどうか???

玉ねぎがあと少し・・ジャガイモは芽が上がって、脇芽をとり肥をやって大きくなてきました。。
梅雨までにうまく育ってほしい・
posted by fusako at 14:51| 日記

自分でこなす (自立 ・ 自律)

IMG_0646.JPG

効果のいい連休の使い方と、休日期間をどう過ごそうか?
家族が家にいると、ご飯作るのが大きな負担、、、、
いろんな方々のお声を聞きます。

定年退職後に夫が家にいると、3か月もすると妻が鬱になるケースがあります。
同じ家の中で過ごす時間が長くなり、家事等々をしないでいる夫、、、、
その上あれこれ指図されたり、、、

過去に講演で聞きましたが、妻が先に逝ってしまわれると、夫が3年生きられる数は少ないようです。
女性は夫の死後生きる年数は長く、男性が一人で生きられる年数は短いようです。

女性は身辺自立は出来ている方が多いです。料理もある物でやりくりできて、年金額が少ないけれど、交友関係もうまく外に出る人が多いとも聞きます。

この連休では、定年後の高齢者宅の生活は変わりないでしょうか?
子どもらが帰省するとか、一緒に出掛けるなど・・・

長い連休は、今迄の社風からなのか仕事をしていないと落ち着かないでしょうか、
夜遅くまで残業する人を評価する気風が?あるんでしょうか。
チームワークは自分のチーム内のできない方の仕事を手伝ってあげることではなく、自分の与えられた仕事を完全にこなして、完成につなげることではないかと思います。

posted by fusako at 10:15| 日記

2019年04月28日

矢倉地域文化継承

矢倉地域文化継承プロジェクトの皆さんは、映画が完成する迄、しこしこと撮り続けておられます。

秋には上映会が予定されているというお知らせを、今日のサンヤレ踊りの時に広報されました。
多くの方々に是非ご覧いただきたいものです。


矢倉地域文化継承プロジェクトの皆さんと1枚
IMG_0295.JPG

posted by fusako at 22:37| 日記

盛会 宿場まつり

IMG_0648.JPG IMG_0655.JPG

IMG_0671.JPG IMG_0672.JPG

IMG_0675.JPG 
時代行列

IMG_0651.JPG IMG_0660.JPG

IMG_0661.JPG 
庁舎周辺

IMG_0653.JPG IMG_0654.JPG

IMG_0658.JPG IMG_0680.JPG
                      矢倉のシャンヤレ踊り(日本遺産認定)
                              

IMG_0649.JPG  
庁舎周りに  二つのステージ公演

多くの人出でした。市外の方にも、また何年ぶりかに出会った同級生と旧交を味わいました。

ハナミズキが昨年より華の開き具合が少ない??そんな気がしましたが・・・・
posted by fusako at 21:39| 日記

宿場まつり

IMG_0592.JPG

本日 第51回草津宿場まつりが開催されます。

少し肌寒く感じますが、太陽が出ています。町は混乱するかもしれませんが、おそろいでお出かけください。

草津川跡地公園でもお楽しみください。
posted by fusako at 09:43| 日記

2019年04月27日

色違い

IMG_0624.JPG IMG_0631.JPG

IMG_0633.JPG

色違い  季節の花
posted by fusako at 20:43| 日記