2008年04月13日

葬送

0803160016.JPG

永い介護を終えられた、お年寄りの葬儀に午後参列してきました。
私も、約10年の介護の期間を体験し、其のうち2年はまだら、4年は、徘徊のある母を24時間看ました。この経験がある者には、介護のご苦労を労いお悔やみをお伝えしますと、大抵の方が涙を流されます。私は本当に
「お疲れ様でした。」そして「有難うございました。」の気持ちになって、お疲れが出ませんようにとお声を掛けています。
葬送の形は時代と共にだいぶ変わってきました。自宅葬は、まだありますが、近親者のみで行われるようにもなってきました。故人が生前に意思を伝えて貰っていると良いのですが、今までのやり方をかえる事は難しいようです。
慣例を破る事は、世間の目が気になったり、親戚関係が意見を言ったりすると当家だけでは進められない事を聞いたりします。
お金をかけるよりも心が込められて、故人を忍ぶことの時間であるのが良いように思います。
永い介護でお疲れなのにまだ、葬送でお客様に気を配って悲しみも忍ぶ事も忙しい時間に追われて無く、暫くしてから、じわりじわりと感じるものと思います。
私は、介護が終わってから、ホームへご挨拶に伺ってからはまだ、母の姿がオーバーラップするので、母の居たホームへ行く事ができません。テレビに映るお年寄りの介護を見るのは,とてもしんどいものがあります。今の私の気持ちではもう,認知症の世話は二度とできません。もし、私がそうなった時にはと考えると、福祉を更に充実できるように勉強と、実践のために働かなくてはなりません。
介護は、女性が担っている事が多く職を離れる要因の一つでもあります。女性が仕事を続けられるには、子育てと介護の充実、など山積した課題があります。草津市にはまだ、男女共同参画推進条例が無く市長は、マニュフェストに掲げられていましたので、早く取り組んで貰い、実践に繋げる事に私も尽力したいと思います。
posted by fusako at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2008年03月29日

固定的な役割分担意識

0803160024.JPG

職場の移動が新聞紙上に出る時期になりました。女性が部長に登用されるとまだ、女性何人登用という記事に取り上げられるほど社会の中では、ニュースのねたになっています。子育てや、健康福祉など女性が担っている事が多い分野には、女性の登用が多く見受けられます。
女性が、定年まで仕事を続ける人はどれほどの数か掴んではいませんが、周りを見ても極少数のように思います。子どもの小さい時に親にみてもらって勤めた後に、親の介護が必要になった時、女性の方が退職して、義理の親の介護に入るのが多く見られます。
男性が自分の親の介護で休暇さえ取る人は少なく、まして、退職する人はどのくらいおられるでしょうか。自分の親を、妻に看てもらうことは、夫婦の話し合いでは、どんなことになっているのでしょう。
収入面からいえば、男性が働く方が多いかもしれませんが、男性は自分の親を看てあげたいと思いながら、妻に退職を頼む人はおられるでしょうか。
世間体や、親戚の目が気になって女性の方が退職する方を選ぶと聞いた事がありますが、・・自宅介護で、女性に比べると男性がオムツを変える人は少ないようです。子どもの世話にしてもオムツの大の時は、もしかして
「おーい」と呼んでるのではないのでしょうか。
母を介護していた頃、(13年位前)介護する先輩が、
「男性が普通にオムツの世話が出来なくては!女性は子どものオムツから、他人のオムツも変えて当たり前の社会はまだまだですよ!」
介護をして私が、体調を崩してやっと母は、入所になりました。その後ははは入院をしてから、亡くなり永い介護で疲れた私の身体を治してから、本格的に男女共同参画の活動に取り組んできました。
「人権で何が出来る!」
議員になった時に、男性から言われたことがありました。人権を認めなくては大きい声の者が勝つの、これでは、市民のための働きは出来ません
あらゆる人権を尊重して、人にやさしいまちへと思うのが、私の目指すところです。
posted by fusako at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2008年03月16日

お気の毒な、男性の鎧兜

0803090001.JPG 梅の花


午後は、守山で議員さんの集いに参加して、その後は地元の懇親会に参加して来ました。
私は、市民派の議員として自分の意思で立ち、自分の信念で選挙をして来ました。誰が立候補する時も、自治会の許可はいらず、個人の考えで出られるものですが、今まで自治会からしか応援して出した事の無い中で、私が私の意思で立候補した事によって戸惑いやら、自治会長に挨拶はしましたが、自治会の許可もえずに出るなんて・・とか、色んな声で散々な事を言われてきました事が今日よく分りました。
又、女性の私が出たことに対して、女性らしくなく従来の控えめなのがよいと思う方には、私を可愛げが無く見えている事も分りました。支える側にならない女性に対しては、自分の価値観からずれていて、何とも男性としては負けられないと言うような言葉と共に、雰囲気が伺えました。男性についていく事が可愛げのある女性らしいと、思うのもよし、逆でもよし、人それぞれでいいものなのに、お気の毒に、私が自由に生きることに対して、女性を捨ててと笑いに似た言葉を浴びせる男性がまだおられました。、逆に、従来の古い男性としての行き方しか出来ないしんどさに、ステータスを見出している事に、ジェンダーの強い再生産を見ました。これが、困りものなのです。
酒の席で笑い流していましたが、、このことが、本当に個人の生き方を制約している事にきずいておられないことは、問題です。
その人の、培われてきたものが,如何なものなのかと、人権に対する認識の違いがはっきりと伺えました。大方の人はこの辺なのでしょうか?すごい課題が見えました。沢山頂いたお酒は少しもまわることなく、しっかりと話は全て、伺って帰ってきました。このことが今日の私の課題です。
けれども、私を世間のうわさでしかご存知ない方は、話しをして私の議員姿勢が伝わって、ご理解していただき、エールを送ってもらえましたことは大きな収穫でした。自分の意思で出たことの重要性は、税金を頂いて働かせて貰うのですから、何時までも心において、活動をしていく積りです。
posted by fusako at 00:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感

2008年03月09日

ブログのアクセス時間

ブログを見ていただき有難うございます。
アクセス時間を見ますと、中には、夜中の2時3時4時早朝に見ていただく方がおいでです。
感謝!感謝!です。これからも、ひきつづきお立ち寄り下さいますように、又僭越ですがお知り合いの方にもご紹介くださると、尚、嬉しく思います。何処まであつかましいねん!言われます?
宜しくお願い致します。
posted by fusako at 11:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感

2008年03月08日

夫をたててる?

0803010001.JPG  


今夜はご近所のお年寄り(94歳)のお通夜のお手伝いに行ってきました。自宅葬ですが、それはそれは大変なことです。最近では,葬儀場を使う家庭が多くなって来ました。葬儀のやりかたは亡くなった人が生前に自分の葬送に就いて遺言を残しておれば意に沿って出来ますが、家族や、親戚などが寄って意見が違うと本当に大変なことです。
かつて、9年前に母をおくった時、シティホールでしましたが、葬儀が終わってしばらくしてから私の耳にはいってきました。
「親を家から出さんとは・・・・・」
病院から家に帰って、その日は内夜伽をして、次の日に一般の通夜、告別式としましたが、まだ、外でする家庭は少なかったのです。
今では自宅ですることのほうが少ないかもしれません。
昔の結婚式は、家のお座敷で、子どものお酌で三々九度の杯を交わしていましたが、神社へ行き料亭へ行き、ホテルに又、ブライダル業界の式場で行われるようになってきました。
時と共に変わってきています。当家の意向でやればいいもを、周りの人たちが、見慣れないことには、批判します。このことので、ギクシャクしてしまう事が多いと聞きますが、残念な事です。
受付にいましたら、弔問者の記帳には弔問した自分の名前を書かず夫の名を書く女性がほとんどです。お参りしたのはあなたでしょ。って言ってみたかった・・・・・・・
変やな、おかしいな、何で、夫なの?このことに敏感に感じる人と感じない人ではジェンダーに対する意識が分ります。
明日は、告別式がありますので、お手伝いです。長い介護を本当にお疲れ様でした。合掌
posted by fusako at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2008年03月07日

親と子

0803020017.JPG 菜の花


今夜はお通夜のお参りをさせて貰ってきました。お年寄りが(88歳)亡くなられたのですが、喪主さん(ご子息)のご挨拶には、「入院中は本人への励ましと私(喪主さん)に頂いた励ましは、亡くなった母が嬉しく思っていてくれました。」と言はれるのを聞いていて、親の子どもを思う優しい気持ちは、もう60歳にもなる息子を思っておられる心づかい、本当に親は有りがたいなあってつくずく感じました。
私の父は、62歳で母は86歳で亡くなっています。どちらも私が看ました。父の時は、最期1ヶ月は仕事を休んで看病をしました。
それは、同じ職場にいた年配の女性が、先の短い親の事を、
「悔いの無いように看てあげて。職場の変わりはあるけれど、親の変わりは無いよ。」この言葉で私は休暇を取りました。父は、自分が治ってから、母や私が病んだ時には、自分が看てやるからと言ってくれていましたが、治らない事は私たちは分っていてつらい事でした。
私が親になって直ぐには親のありがたさは、実感無かったですが、段々理解するようになり最近では、子ども達の元気な声の電話は何より嬉しいし安心して過ごせます。時々息子から「何にも無いけど元気か?」ただこれだけなのに、ほっとしています。
posted by fusako at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感

2008年03月06日

時の流れ

0803020022.JPG 夕焼け


我が家の前から子どもが小さい頃は、電車が先頭から後尾まで見えていたのに家やマンションが建って、列車は途切れ途切れにしか見えなくなりました。二階からもチラッとしか見えず走る音と僅かのの振動が感じるくらいになって、このような夕焼けも、いずれは見られなくなるように思います。
今日は、知人にパソコンの指導にわざわざ来ていただいて教わりました。パソコンを初めて日が浅いので少しの事でも分らない時には、困ります。それが深夜に成ってしまい尋ねたい時、人を起こすわけにも行かず、時差のある息子に国際電話をしてでも、早く解決しないと前へは進みません。何とか触っているうちに覚える事もあって、今では人様は、私がパソコンを使えることに、驚いておられる様に思います。パソコンをする様になってからは、違った世界を覘くこともあり考えも広がります。この事は良かったと思っています。
電子メールは資料の送信や、事務的な用事にはよいと思いますが、常ずねの会話は若い人のようにメールでは味気無く思っています。
便利な物に触れるようになり少しずつ上達して、自分の配布物を作成できる事が今の目標です。何時になりますことか・・・・・
posted by fusako at 18:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感

2008年03月05日

獅子舞がやって来た

0803050002.JPG  ご近所さんで

矢倉へいつもより1ヶ月遅れで獅子舞が来た。毎年2月の節分頃には一軒ずつお払いに来るのが見られていたのに、今日、笛の音が聞こえてきた。子どもの頃に神社の境内で色んな芸を見せて貰った記憶がある。
門づけの上納額によって、獅子舞の舞い方が違っていたので、長い時間舞っている家はお金持ちだなと子どもの頃思っていたが、大人になってからは、人それぞれの考え方で収めておられる事が分ってきた。伊勢から来られて、本町の商人宿に宿泊されていたが、最近では宿が営業してないので、獅子舞のリヤカーが軒下には見られない。
この宿は、かつて、富山の薬売りのなど行商人が使っていたが、近く取り壊してしまう事に成っている。行政と話し合いもあったが存続が出来ないと言う。
昔のたたずまいが消えていく事は寂しいが、次の建物には風情を大事にした建物に成るように交渉しているとの事でした。
posted by fusako at 19:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑感

2008年02月29日

脅されてから10余年

0802270008.JPG  春到来


久しぶりの暖かい太陽、眩しい!
午後少し時間が空いたので、敷地の中の畑を見たら、長い草が、ある。選挙の間は何一つ家事は出来ず、自分の食も事欠く状態で来た。
スナックエンドウの藁が風で外れて支えが無くなっている。畑を見ることでホット一息。
12年位前に社協の1団体である任意団体の女性部の見直しで検討委員会座長を務めた折、脅しの電話を受けて関係各所に口頭だが申し出をした事がある。何事にも普遍不党を掲げて、審議途中経過を学区内に全戸配布することにした。配布には、拒否する自治会長もいたが、結局の処、全戸配布が出来た。脅した人は誰か分っているもののその当時はナンバーディスプレーの電話でなく、とっさの事には録音も忘れていた。会本来の主たる事業が無く補助的な作業のみの活動に女性が動員されることへの不満がある中、誰もが手をつけてこなかったことをやり出したから、色々なことが出てきた。「元気か?」誰?この言葉から始まり
「胸に手当てて考えてみいー。婿はんも、おばあも,子どももおるやろがアー、骨の一本も折られてもええんかい。」
こんな時には、意外と冷静で
「どちらさんですか?」ゆっくりと尋ねていた。
「まー聞け!」その後の内容は静にして動くなってことでした。直ぐに雨戸を閉めました。骨折で入院中の夫の所へ行って伝えた時、もう活動は辞めよと言うどころか
「情けないな、これで辞めるんかい。辞めたら今までして来たことは終わるんやで。」恐・・・・・・・・っ
もしもの事あったら●●さんやから、と言っていました。今までと違うことを言い出せなかったことが、はっきりと浮き出た時でした。あれから、又、元に戻ってしまい、思想、信条の違いを認め合い政治活動に関わらないとしてきたのに、選挙の電話担当に女性部が動員され、来て下さった人から苦情が出ていました。なんで、こうなってしまうの!黙ってては繰り返すばかり、・・・もっと若い元気な人出てきてエー・・一緒に頑張ろう・・・・・・・・・・叫びたい!!
posted by fusako at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2008年02月28日

民意を尊重する自治会へ

0802140012.JPG

市長選挙のお礼は今朝の朝たちで一区切り。
本当に寒い朝が続き耳が痛いでした。新市長は10月の退職以来1日も休むことなく活動をされて来たにもかかわらず、体が悪い人、病気がちの人で、欠勤が多く市長には勤まらない。このことが、すごい勢いで流れて、電話作戦の時にも、「病気持ちのおさぼりさんを市長にはできません!」がっちゃん!!うわさを信じた先方さんに切られたことで、受話器を持つ人がへこみました。「ゆっくりでいいですから、お茶でも飲んで一息ついて下さい。」電話の担当としては、ボランティアさんにはしんどい思いをして頂きました。
自治会推薦のことには、疑問を持つ人が多くなってきました。自治会員には人それぞれの考えを持っておられる中、誰を推薦するのか、なぜ一人にする事なのかさえ気が付かない人もおられ、任意の組織が選挙に関わる事は避けるべきと考えています。
市議会選挙の時、自治会から複数の立候補者が出た地域の対応として、すべての人を推薦した自治会がありました。これが、民意を汲み取った対応だと思いますが、私は、夏、表明の前に自治会長に立候補する旨のご挨拶に3人で伺いましたが、自治会からは他の人を推薦するので義理悪いが2人推薦することは出来ない、と断られました。このことが何処でひっくりかえった?「宇野房子は、矢倉の厄介にならん,票もいらん」と言ってきた。逆のうわさが一人歩きして、「あんたは、何考えてるんや、勝てる思ってるんか、街宣でしっかりと説明しいや!」など、今まで普通に話してくれていた人が近寄らなくなり怖いことでした。
そして今回自治連は、自民系でない人を矢倉から市長に出したいと推薦したので、巷では理解が得られていないように感じています。前回からも、すべての人を平等に推薦していれば、民主や連合、対話の会が推す人に自治連がついても理解は得られたのではないかと思いました。民意を汲んで自治会の運営をしないと、転入者の方が多い中では、これからのより良いコミニティは先行き困難だと思いました。
posted by fusako at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2008年02月26日

マイハート、マイ箸でホット、ほっと

0802240003.JPG   自作の為がき

選挙の「為書き」を例のごとくに私は、自分で書いて橋川事務所に届けました。今は、垂れ幕も印刷できるので、イベントにも頼まれる事が少なくなりました。私の看板は、夫の友人につっくって貰い私が塗料を使って書いています。
今回橋川さんの事務所の為がきを見ると、顔写真入りのものが有り、落款も大きくして、印刷のものを使用しておられ朱肉は使わず段々と機械化されています。私は相変わらず手書きして自分の落款を押して、気持ちで伝える事にしています。
昨日から、家で自分のお箸で食事が出来る生活になりほっとしています。行く先々で買物をして、街宣の車の中でも、事務所でも口に入れるような食べ方をしていましたから、座って家の食事は落ちつきます。
健康で体調も崩すことなく選挙中はやって来れましたが、どっと疲れが出ないようにしたいと思っています。これからが大変!
勝った時の朝立ちは心地よいものです。夏の選挙もしんどいですが、寒いのもきついです。朝立ちの後、車に乗って窓全開は堪えますが候補者は毎日ですから、大したものです。お疲れさんでした。
又雪がちらついています。本格的な春まではもう少し、頑張ろう!
posted by fusako at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2008年02月22日

忙と言う字

0802220004.JPG   梅の花開花


忙しいと言う字は,りっしん遍に滅びると書く。心を失うことである。まさに今の状況に当てはまりそう。地に足つけて・・・・!と自分に返す。
早朝から深夜まで一杯の働き、ミスを最小限にしたい。
何とか、ここまでついて来た、皆さんのお陰と、健康に感謝!
手短にかたずけて早く寝たい。23時の私・・・・書く
posted by fusako at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2008年02月21日

春の陽

0801190014.JPG  福寿草


春らしい陽の光が、感じられてほっとする今日は、頑張って働くと汗が出るくらい。
寒い寒い風は今日は無く外にいると、心地よく感じる。
色んな方との出会いがある毎日の中で、学ぶ所がある。
謙虚にしかも、筋を通した姿勢は気持ちが良い。
しかし、「一人自慢の誉めて無し」のような行為は良識的に考えると受け入れられないことが有る。私も自分の振りを見つめる気持ちをいつも持ち合わせていたい。今日は早く10時半に帰宅した。又、一息入れて頑張ろう!
posted by fusako at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2008年02月20日

私、男らしい?

0801180002.JPG   南草津の夕方


私に「いやー、すうっきゃなあー宇野さんは。さっぱりして男らしい。」
私は、女です。今までの感覚では、男の人なら言うような考えを女性である私が、言う事を、男らしいと言う事が良い意味で言ってくれてるの?私らしいと言って貰える事が、個人の考えを聞き入れて貰っている事である。これが、なかなか意識の改革の出来ないジェンダーそのものである。自分が気ずいていないものがある筈。
結構勉強してると思い込んでいる人の中にもジェンダーバイヤスが見え隠れしている。自分の価値観にそぐわずないと思う事を異質にしてしまうのは怖いもの。個人と己人,弧人当てはめれば随分意味が違う。らしさのものさしは、違って当然。互いの違いを受け入れてから話し合う、このことが人との関係をうまく出来る事に繋がっている。
posted by fusako at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2008年02月10日

おかしいな

雪が解けて道路はびちゃびちゃ。朝、少し選対の活動をしてから、同じ檀家さんの自宅葬に言って参りました。読経が始まってから外では出棺迄の間、参列の人々の、話がわいわいと聞こえてきてしかも,笑い声やがしたり、ニコニコと白い歯が見えると、どきどきします。ご当家には、悲しみの時お年寄りの葬儀でも悲しみはいか程のことかと思います。久しぶりに会った人との楽しそうな会話の表情が伺えます。
又、弔電は、伺えない時に打つものと思いますのに、参列している議員の弔電が披露されていました。事務方のミス?市議会議員のほとんどの人は選挙の時以外は、何もかも自分でしてると推察しています。私は、自分が行けない時しか電報は打ちません。・・・・・
どちらの話も変!      合唱
posted by fusako at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2008年02月06日

意識の温度差

大津までバイクでひとっ走りして、10時からの会議に行ってきました。その時家族が仲良くと言う話が出て、もちろん家族は大事な事ですから何ら否定は致しませんが、その中に潜む気づいていないジェンダーが見え隠れしていました。明らかに儒教や、教育勅語に代わるものをと言われる方あり、離婚はまだまだ世間ではマイナスの方へしか受け取られていないように感じました。個人の人権を考える時、自分の価値観だけでは対応が困難な事があります。家族制度意識がしっかりと根底に備わっていることが感じられました。女性の人権をまもる事に関わる方は特にジェンダーには敏感でいて貰いたいと思いました。
この頃は、議員の活動に加えて市長選挙の仕事もあって、毎日分刻みの生活になっています。合間を見てメールの確認そしてブログを書いています。
風邪をを引かないで、頑張らなくては!!・・・大事な時です。
posted by fusako at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2008年02月02日

建国記念「憲法」

0802020006.JPG

建国記念日近くなると、憲法にちなんだ学習会や、イベントがありますが、なかなか憲法の集会へ足を運ぶ人は、よほど関心がある人で無いと集りません。戦後60年余り経って、憲法については改めて国民が考える大事な今、毎日の生活に追われて、新聞すら目を通せなかったり身近な市の広報にさえ目が行かない方もあるでしょう。今の生活に満足できているのか、納得できているか、沢山の問題はあるはずです。私は政治には関係ないとか言う人がおられますが、みんな、ほとんど話している事は、暮らしの中にある問題が見えています。おかしい、こうすれば住みやすいだろうとか,変だなと思うことが、自由に言えないことは、好ましくありません。人と違う意見を言う事は相手を否定する事ではないと言う話し合いが出来ないと、気まずくなります。
今日は映画試写会に行って、憲法草案の出来る過程や、日本国憲法が制定し、民主主義社会がスタートして今日あることを学びました。女性に参政権が与えられ、男女平等もうたわれ長い年月が経っていても、まだまだ男性が多い議会にいます。法律や、条令が整っても意識がついて行って無いと男女平等には時間がかかります。自分は差別意識は無いと思っていてもバイヤスがかかっていることがあります。地道に自ら学ぶ気持ちを持って、人に接する事からより深く人権の大切な事に気ずけると思います。もう私は子育ては終わりましたが今頃でも失敗した事に気ずいたりしています。これからも時間があればこういった学習会へ参加したいと思いました。
posted by fusako at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2008年01月28日

家事の負担

0801190013.JPG

毎日時間に追われてうまく家の中の片づけが出来ず、雑然とした部屋に帰って来ると落ち着きません。「誰か家事をしてくれませんか?」ほとんどの働く女性は、両立に悩んでいるのではないでしょうか。気にしない人も確かにおられると思いますが、きれいに整理された部屋にいて、ゆっくりとお茶でもしてとは現実のところ今の私には縁の遠い話です。たまに時間が空いた時や、気分転換をしたい時には、畑に出て手入れをします。収穫が良かろうと悪かろうとどっちでも良くて、癒しのための土いじりです。
先日初めて、半日時間が出来たので、暮に出来なかった書類の整理をしました。どんどん資料が増えて、煩雑になりがちです。僅か半日のことで、自分の分る整理が出来て落ち着きました。
昔、シングルマザーの草分けでもあり、働く女性の先端的な生き方をしておられる桐島洋子さんが、「家事に1日のほとんどを費やすなんて、4時間もあれば十分です。」テレビで話されていましたことを思い出します。
人それぞれの生き方が有って、お互いの生き方を理解し、家族の中では、自分のことは自分ですると言う身辺自立が必要であると思います。このことが身に備わっていないと、今、定年退職して長時間家に男性がいる事が、妻の負担となり、「夫在宅拒否症候群」となる人が増えています。これからの時代女性も社会へ出ます事から、家庭の中でお互い協力して行ってこそ、落ち着いた生活が出来るのではないかと思います。
今日、某男性が「女性が強くなたから云々・・・・」と言われておりました。「男女平等ほど怖いものは無い?」へえつ!間違った平等の解釈をされていると感じましたが、私との会話ではなく聞こえてきたものですので割り込む事もできずにいました。このような考えの人に会うことは珍しくありません。長年女性の人権に関わってきましたのですが、意識の改革ほど時間の掛かるものは無いと思っています。互いの考え方を聞き、違いを認め合い今までの固定的な考えから少しずつ、柔軟に受けいれらるように心がけていく事が、大切だと思います。
ゆっくりでは有りますが、男女共同参画社会は進んでいると思っています。
posted by fusako at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2008年01月26日

セクハラ

0801250002.JPG 雪景色

昨日も大変寒い日でした。
栗東の人権擁護委員さんと合同の研修会が栗東で行われました。その時にセクハラの事例から勉強をしたのですが、又も感じた事があります。セクハラに対する意識の違いは男性と女性とでは、温度差があります。された側の人は心には傷が残っても、加害者にはセクハラと言う事までには思わないでいる場合があります。意識を改める事は大変難しいことです。
このごろでは、電車の中では男性は気を使って手の置き所に困っておられます。冤罪があるから怖いです。
私はビルのエれべーレーターに、男性と二人になったことがありました。その男性は、壁のほうを向いて私に背を向けました。いつか、テレビでこういう画面を見た事を思い出しました。狭い空間では向かい会って乗っているのも気まずい感じがします。
先に若い男性は降りる時に、会釈されたので若くてこのような気配りが出来る人に遭遇して、気分良く感じたものです。
posted by fusako at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

自転車にまつわるお話

0801250004.JPG 今朝の2階から見える雪景色

夕べから雪が降っていて積もるかと思っていましたら、朝雨戸を開けるとこんな美しい雪景色でした。
 私は、この頃良く自転車を使います。健康のためということもありますが、スピードの速いものに乗って町を回るのでは、自転車と歩くのと見えるものが違います。車では感じないものを見る事や、感じる事が大切と思っています。
先日、南草津に自転車を預けて戻った時に鍵を外すとき、隣の番号を見て次の番号を打ったら私の自転車の反対側の番号で、解除できません。管理しておられた男性に言いましたら、ボタンを押して管理会社を呼び出して貰いましたところ、返金できず、再度コインを入れる事になって、倍の料金を支払う事になりました。大失敗!
 又、過日、夫が、自転車を止めて、台の固定のロックだけで、自転車の鍵をしなかったので、誰かに番号を解除されて、自転車を持っていかれてしまいました。
 こんな事もありました。息子が、1週間の間に、2回もの職務質問に会いました。自転車の固定された鍵が壊してあり、住所が草津のものではありませんので、盗難車と思われたようです。鍵を落として壊していましたので付いていませんし、姉の家から、もらった自転車で城陽の住所が書いていました。それにしても2回も止められるなんて・・・・
 乗っている自転車が盗難車でないか照合されて分るまで、息子は人通りの中で立って、待たされていやな思いをさせられました。盗難車で無いと分ったら、「鍵をつけなさい」と言うだけで、開放されたのですが、警察の人の対応に気分を悪くしていました。
 便利な自転車は、今では、乗り捨てなのか、よく放置してあるのを見かけます。最近17年位使った自転車を処分して新しいのを購入しましたが、古い重たいほうが運動になってよいと言う人がいました。今は新しいので軽くて楽に乗れています。時間のある時は、省エネも考えて、自転車を使いたいと思います。
posted by fusako at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感