2019年07月06日

女性部

IMG_1143.JPG 涼しい内に掃除ができました。 8時から町内女性部が会館等の掃除に出ました。 暑い時期汗かきながらの毎年と異なって比較的楽でした。 何処のお家も世代交代してお顔を見てもどこの方かもわからなくなりそう・・・ 久々の出会いでお話ができるなど、交流しながらの奉仕です。 昔は地域婦人連合会の矢倉支部でしたが、かれこれ20年もっと?前に草津支部から脱会しました。 何で女性部が必要?男性部はないのに・・・ 屁理屈ではなく事業の補助作業しか主たる行事を持たな..
posted by fusako at 09:10

2019年02月10日

女性の政治参画を  多くの方が出馬して欲しい

今年は選挙が重なります。 女性が議員に立候補するには男性と違ったいろんな障害があります。 京都新聞によると、思い当たる障害が掲載されています。  私は選挙活動の資金は節約してきたのでほぼ公費だけで賄えていまいます。 政治分野の男女共同参画推進法」が成立し「202030」特に国では謳っています。 もう来年に、女性を30パーセントの目標ということですが、無理やりに女性を30置くことになれば力がないとその人がしんどいぞ!!って・・・。 男性は力がそなわっ..
posted by fusako at 18:54

2019年02月07日

女性の政治参画 政治を身近なものとしては

先週後半と、今週3日間が視察で今日は久々の登庁です。 担当課へお聞きするものや、確認等々、、、対応しなくてはならない物があって済ませてきました。 きちんとした確認と検証ができないと不確かな元では次に動けないのです。 聞き洩らすことであってはなりませんし、メモはするようにしています。 昨年5月に「政治分野の男女共同参画推進法」が成立しました。 これを受けてなんとか女性議員を増やしたいので、研修・懇談の機会をと・・考えています。 IMG_9690.JPG 先日視察し..
posted by fusako at 16:28

2019年01月26日

女性の政治参画  本気で擁立できないのでは机上の論?

DSC_1115.JPG 昨年5月に7年越しにやっと「政治分野の男女共同参画推進法」が成立!! 私もその過程の集会には東京へ行きました。何度もこのブログに掲載していました。 京都新聞・東京新聞によると 地方議会のうち20%近くが女性議員のいない「女性ゼロ議会」になっている。地方議員全体でみると女性はわずか12・9%。二〇一七年末時点の内閣府男女共同参画局の集計で分かった。女性議員を増やし多様な声を政治の場に届けようと、一八年には「政治分野の男女共同参画推進法」が成立した。各党..
posted by fusako at 09:59

2018年10月07日

クォーターとクオータ制

クォーター(英語:quarter)は、4分の1を意味します。 女性の議員を増やそうと、多くの方々が長きにわたって取り組まれていますが、なかなか立候補者が立てないバイアがあります。 ここで出てきたのが「クオータ(Quota)制」です。 ところが「クォーター」の言葉が議員の4分の一に女性を増やすと、間違った解釈をされているようです。 「クオータ制」とは、政治において議員候補者の一定数を、女性と定める制度のことです。 大学人でもクオータQuotaとクオーターQua..
posted by fusako at 22:22

2018年10月04日

新内閣に女性閣僚が一人しか  女性活躍の看板は!!!

第四次安倍改造内閣で女性閣僚は一人となった。本来、その看板を支えるべき女性議員自体が少ないことも原因だろう。政治に参加する間口を広げていくことが必要だ。 現在の草津市議会でも24人中3人しか女性がいません。 5月に成立した「政治分野の男女共同参画推進法」が施行されました。 国会や地方議会の選挙で男女の候補者の数が「できる限り均等」となることを目指す理念法です。 罰則規定がありませんが、骨子では政党や団体等が女性候補者の数値目標を掲げることに努めなくてはなり..
posted by fusako at 23:50